ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
漢方セルフケア検定 はじまる
f0045769_13575673.jpg
「漢方使ってみたいけどよくわからない」「鼻がムズムズ、微熱もある・・・こんなときは?」
そんな方には、「漢方セルフケア検定」がおすすめ。
日本独自の伝統医学である漢方。。。中医学とごっちゃになっている人はいませんか?
アロマをやっている人にも、セラピストにもおすすめです。公式テキストが2月28日発売。現在amazonで予約受付中です。
漢方セルフケア検定公式テキスト 田代 眞一
http://www.amazon.co.jp/dp/4908701008/ref=cm_sw_r_tw_dp_nexUwb040CR77

[PR]
# by libranatutherapy | 2016-02-09 13:56 | 執筆活動・書評
 
ライブラの化粧品原料のバラ水を蒸留します

f0045769_09435675.jpg
6月6日早朝の「バラ水蒸留イベント」に向けて、お客様を迎える為に、バラの周りの足場の草を刈り、そのあとに防草シートを設置してきました。防草ネットを張ることで、エンジン式草刈り機で草を刈ることができ、また、除草剤も不要です。この一年、まったく農薬をせず、なんとか持ちこたえてきました。今年は、梅雨開け頃に、ティートリーやカユプテの精油を使って、ウイルス、カビ対策をやることにしています。

思い起こせば1年前、ボランティアの皆さんと植えたばらが花を咲かせるところまできました。その後も、猛暑の中、一人草を刈り、水をやり、苦労して育ててくれた万年さんとイベント準備の仕上げの作業をして、汗を流してきました。地面にしゃがんで、杭をうってくれているのが、バラのお兄さん、万年さんです。(本人はシャイなので、顔はあえて掲載していません。)

雪の前には、冬支度をしてくれたり、肥料をやってくれた谷さんや、岡田さん、毎日見守ってくれていた植野さん、ほんとうに多くの方々の手と汗とお気遣いによってここまできました。

地味な花なので、写真には写っていませんが、一つの株に20~30のつぼみがついています。合計すると約1万、でも、まだまだ小さくて、あまり期待が膨らむとがっかりしますので、よろしくおねがいします。6月6日土曜日早朝。うまい、タイミングで、お花が開花してくれることを願っています。


[PR]
# by libranatutherapy | 2015-05-24 09:44
 
高原のオーベルジュに泊まって、1万輪のバラからバラ水を取るイベント付宿泊
f0045769_14115340.jpg
ご存知の方も多いと思いますが、ライブラが、有馬温泉の老舗旅館御所坊とのご縁で始まった、香房花舎花郷里蒸溜所のバラが、まもなく盛りを迎えます。
都会の公園のバラはすでに、満開のところも多いと思いますが、標高の高い高原地帯で、冬は雪に覆われる兵庫県美方郡香美町小代区では、都会よりワンテンポ遅れて満開を迎えます。

ここには、有馬温泉御所坊が運営するホテル、オーベルジュ花郷里があります。
そのオーベルジュ(料理旅館)の庭園に拡がるバラ園。約30種類の香り高いオールドローズが咲き誇ります。
中でも、300株を越える数のある、香料用バラ、ダマスクローズ(カザンリク)は圧巻です。

そのダマスク種のバラを摘み、そく蒸留するという、アロマファンなら、よだれが出そうな企画でs。

まだ、1年目の株なので今回がデビューですので、全体的には小ぶりですが、お待ちいただいている方もおおいかとおもい、イベントを開催することになりました。

その、内容は、このオーベルジュに宿泊し、料理を満喫、さらには、バラの花摘みと、バラ水の蒸留を体験する、企画宿泊プランです。

【高原のオーベルジュに泊まって、1万輪のバラからバラ水を取るイベント付宿泊プラン】

日時: 2015年6月5日(金) チェックイン 15:00~ 6月6日(土)チェックアウト12:00
場所: オーベルジュ花郷里(御所坊グループ) 兵庫県美方郡香美町小代区大谷300
料金: 2名1部屋利用 おひとり様15000円(税別)  1名1部屋利用 20000円(税別)です。
お申込み:オーベルジュ花郷里 (0796-99-6009)まで、

当日、林は6月5日12時ごろ、神戸三宮(新神戸)を車で出ます。これは、私の個人的なドライブですが、
もし、友人として自己リスクで同乗したい方がいらっしゃったらお申し出ください。(3人ほど乗れるとおもいます/旅行企画に交通は入っていません)

今年は梅雨入りが早くなりそうで、当日も雨かもしれません。雨天の際はイベントの実行ができないこともあります。

※この旅行は旅行代理店が介在しておらず、あくまでも宿泊施設の宿泊プランの一つです。
旅行業法にかかるさまざまなリスク、事故についての責は負いかねます。
[PR]
# by libranatutherapy | 2015-05-22 13:59 | 会社的お知らせ
 
ライブラから新ブランド Lady L が登場
プロフェッショナルアロマテラピーのライブラから新しいブランド、Lady L のお知らせです。
4月4日神戸北野坂に路面店としてオープン。レディーエルはライブラのコンシューマーブランドとして、香水、石鹸、バスソルト、ボディクリームなどのボディコンディショニングアロマ製品を展開します。

Love ・ Luck ・ Liberty × Libra = Lady L


愛、幸運、自由をあなたにお届けします

f0045769_4174674.jpg

Lady Lのフラッグシップ香水、Lady L #320 

f0045769_4285364.jpg

消えた後もお部屋が薫る、アロマキャンドル

f0045769_4191642.jpg

量り売り石けんもかわいいでしょ

f0045769_4263073.jpg

住所は神戸市中央区中山手通1〜22〜5です。よろしくお願いします。
三宮駅から北野坂上る徒歩5分、ジャズクラブSoneのお向かいです。
[PR]
# by libranatutherapy | 2015-03-25 04:16 | 会社的お知らせ
 
メディカルアロマセラピーに興味のある人必見です「ピエール・フランコム博士講演会」
【6月27日(土)フランスアロマセラピーの巨匠 ピエール・フランコム氏来日講演および、総会・学術会議開催のお知らせ】
日時: 2015年6月27日(土) 9:30~16:30
場所:梅田スカイビル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一部: ISA会員総会 
「REFOMED(リフォメッド)とISAのパートナーシップについて」
9:30~10:30 公開イベント:参加無料 定員50名


昨年から準備が進められているEUのメディカルアロマセラピー資格制度があるのをご存知だろうか? その名はピエール・フランコム博士らが先導するREFORMED (リフォーメッド)。このREFORMEDとISAは、提携することが、2月27日のREFORMED総会で可決された。ISAもこのカリキュラム作りに参加。医師向け、医療従事者向け、一般向けの3つの資格となる見込みである。いよいよ、メディカルアロマセラピーの国際資格制度へ向けて一歩を踏み出した。このあたりの、情報をいち早く会員のみなさんにお伝えします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二部:学術会議 :「クラリーセージは本当に女性ホルモン様作用があるのか?」
11:00~13:00パネルディスカッション形式。定員50名 
参加費:会員無料、会員外税込1000円

アロマセラピー精油の薬理作用って、本当にあるのか? あるといっている人々は、何を根拠にいっているのでしょうか?

今回は、いままでほとんど触れられなかった、アロマセラピーの効果について、その学術研究の信ぴょう性について、ズバッと切り込みます。ある意味、だれも語らなかったタブーに挑戦する会議となるでしょう。

このイベントは、講師のいる講演会ではなく、パネルディスカッションの形式をとり、司会者が発題しそれについてパネラーがディスカッションします。予定調和の落としどころなど、はじめから無い、会議ですので何が飛び出すやら、こうご期待です。

パネラーには、当研究所所長の田代眞一先生が登壇予定です。。
-----------------------

第三部: 記念講演 ピエール・フランコム博士「マダカスカルにおける植物療法の挑戦」
14:30~16:30 
定員100名 参加費:会員税込5000円、会員外税込8000円 

フランスアロマセラピー学派の巨匠、ピエールフランコム氏による講演会です。彼は、アフリカの東海上に浮かぶ島、マダカスカル島の貧しい子供達のために、自然療法で治療する小児医療センターを開設されています。その小児医療センターでは、植物療法を学ぶ医師、看護師など100名を超える医療スタッフが常駐しており、政府の医療援助の一環として行われています。ここでの臨床症例や治療例に基づく研究を、ピエール・フランコム博士ご本人から聞ける滅多にない講演会です
[PR]
# by libranatutherapy | 2015-03-08 00:55 | 林の講座案内
 
映画・繕い裁つ人
朝のNHKの番組で、中谷美紀さんがゲストで出演され、新作映画の「繕い裁つ人」のシーンが放映された。ぼんやり見ていたが、「あ!金星台だ」。見覚えのある風景、一目見ればわかる、諏訪山の金星台からのシーンが映し出されているではないか?

さっそく、ググってみると、映画が西宮へ凱旋とある、一応神戸が舞台のようであるが、モデルになった方は、西宮の方なのかもしれない。(知っている人また教えてください)

神戸や西宮は、ふるさとというには都会すぎるが、ふるさとの景色や文化や精神が映画になるのは、うれしい。前の映画、阪急電車は、まさに自宅のある地元だったが、関東のお客様狙いなのか、関西のおばちゃんの描写が下品で、はらがたつこともあった。あれは阪急電車とはあまりに違い過ぎた。

さて、話をもどそう。 そう、この金星台の真下は、神戸が誇る観光地、異人館地区。

この異人館地区の入り口に3月、ライブラのコンシューマーブランド、「Lady Luck」神戸北野坂店がオープンいたします。

金星台、ヴィーナスブリッジに見下ろされる、この店のキャッチは、「ヴィーナスがほほ笑む幸運の香り」
27年のアロマの伝統を生かして、より親しみやすいコンシューマー向けブランドへ開花するライブラの香りたちにご期待ください。

それに、伴い、神戸大丸、ヒルトンプラザウエストの品ぞろえも総入れ替えをおこないます。

また、従来のライブラナチュテラピーは、プロフェッショナルブランドとして、精油とキャリアオイルなどの素材を中心としたブランドに止揚します。ホールセールは西宮本店およびネットショップと、各学校の売店のみとさせていただきますの。ヒルトンでのホールセールのお取扱いがなくなりますので、ご了承ください。

f0045769_8551558.jpg
Lady Luckのロゴ(まだ決定ではないです)


















中谷美紀さん主演の映画「縫い裁つ人」のリンク
http://tsukuroi.gaga.ne.jp/#

f0045769_94119.jpg

映画中にある、金星台からのシーン(上記、ホームページより転載)
[PR]
# by libranatutherapy | 2015-01-30 08:56 | 日記
 
阪神淡路からグローバルソーププロジェクトへの私の軌跡
皆様、おはようございます。週末ゆるりとお過ごしのかたも多いかと思います。阪神淡路大震災から20年の朝ですね。

私はあの朝、兵庫県西宮市の自宅にいました。震度7の帯の真上にいて、ゴーッという轟音と、隣の家の倒壊の振動、瓦が落ちる音に目覚めました。子供と二人並んでいたベッドが、まるで拍子木のように何度も離れてはあたり、バンバンと音を立てていました。震災は私の人生に大きな影と重荷を残しました。いまなお、いろいろな形で残っているものもあります。しかし、当時私の横で怯えていた娘は26歳となり、息子は23となりました。あの震災で、助けを求める我が子を救えずに、なすすべのなかった親御さんのことをおもうと、いまも胸が締め付けられる思いです。

私がいま、このようなプロジェクトに取り組むのは、我が子を無事成人させ、いのちのリレーをつないでいこうと必死な親御さんたちの気持ちをかんじるからです。

目の前の我が子が病魔にくるしむのを見るのはどんなに辛いことでしょう。震災記念日の今日から、最終日まで、うるさいくらいにキャンペーンをさせていただきます。

どうか、頻繁なフェイスブックや、メールにご容赦と、さらなるご支援、拡散、口コミをお願いいたします。


f0045769_9565444.jpg

https://www.makuake.com/project/globalsoapproject/
[PR]
# by libranatutherapy | 2015-01-17 09:55 | 日記
 
ヨーロッパのメディカルアロマ統一資格、REFORMEDと、ISAの提携がスタートしました
f0045769_1941488.jpg【ヨーロッパのメディカルアロマ統一資格、REFORMEDと、ISAの提携がスタートしました】

新年早々のビッグNEWSです。

フランスアロマセラピーの重鎮、ピエール・フランコムと、ドミニク・デラポルテが率いる団体、REFORMEDとISAの提携関係が12日パリで開かれたREFROMED理事会で承認されました。

REFORMEDはフランス・パリに本部をおく、EU全域に支部をもつ、メディカルアロマセラピーの資格認定団体です。医師向け、医療従事者向け、一般アロマセラピスト向けの資格制度の整備をすすめており、当研究所のISA資格制度との提携をめざして調整中です。ISAの資格が国際資格にリンクすることになります。当研究所の活動にご注目ください。
[PR]
# by libranatutherapy | 2015-01-16 19:39 | 日記
 
クリスマスだから、ちょっといい事してみませんか?
クリスマスおめでとうございます。
クリスマスを題材にしたディケンズの代表作、『クリスマスキャロル』は、
主人公スクルージが精霊に導かれ、人間愛に目覚めていくという物語です。
私は、一般社団法人ハンドメイド石けん協会の活動として、以下のグローバルソーププロジェクトを
おこなっていますが、奇しくも、その公開初日がクリスマスイブとなりました。
本日、午前11時、以下のサイトで支援の呼びかけ、募金活動が始まっています。
一口1500円から支援ができますので、どうか、二つのことにご協力をおねがいしたく、メールさせていてただきました。

1.ぜひとも、「Makuake」のウェブサイトをご覧になり、1500円からのご支援をお願いします。
2.このメールを転送などで拡散してください。多くの方に知っていただきたいのです。

https://www.makuake.com/project/globalsoapproject/

【グローバルソーププロジェクトとは・・・・】
貧困国の不衛生な環境に暮らす子供たちに石けんを送るプロジェクトです。手洗いする習慣がなく、石鹸がないという理由で、アジア、アフリカを中心に1千万人以上の子供たちが寄生虫や消化器系感染症で命を落としているといわれています。グローバルソーププロジェクトはこの子供
たちに石鹸を送り衛生的な環境を提供するための活動です。

このプロジェクトを運営しているのは石鹸をこよなく愛する愛好家や石鹸アーティスト、アトピーなどで肌の弱い家族のために石鹸の手作りをしている仲間たちの集まり、一般社団法人ハンドメイド石けん協会です。石鹸に関する情報交換や技術の交流を通じて、手作り石鹸の良さを広めています。ボランティア活動の一環で障がい者施設と連携して石鹸を作る人、愛犬などのペットために、ペットに優しい石鹸を研究している人など様々なメンバーがいます。

私たちは今年の6月、ホテルなどで廃棄されている使用済み石鹸を回収再生し、アフリカの子供たちに石鹸を送るグローバルソーププロジェクトを始めたデレック・カヨンゴ氏のことを知りました。

カヨンゴ氏は、賛同する仲間と共に年間200万個以上をアフリカの貧困地域におくり、多くの子供たちの命を救っています。また、2011年にはケーブルテレビ局で有名なCNNが主催するアメリカのヒーロー10人にも選ばれています。私たちは彼にプロジェクトに協力したいと申し出ました。そして石鹸を回収再生するプロジェクトの準備もはじめました。彼は2015年2月15日(日)に来日して、私たちや日本のみなさんに、このことを語り協力を要請するために来日します。その講演も私たちが企画しています。

そのプロジェクトを日本で行うために、私たちは石鹸の回収や製造方法について事前に調査をしています。事前の調査で、年間40トン以上の廃棄される石鹸を見つけました。しかし、月に3トン以上もの大量の石鹸を再生するにはそれなりに大きな機械が必要です。新品では250万円以上もするもので、中古でも80万円もします。私たちはその前に立ちはだかる資金の壁を乗り越えるために、皆様にクラウドファンディングをお願いすることにしました。

これで1年間に約10万人近くの子供の命が救える計算です。それでも今、亡くなっている子供のたちのことを考えると居ても立ってもいられません。どうか、私たちに力を貸してください。私たちは頑張ります。どうぞ、よろしくおねがいいたします。

一般社団法人 ハンドメイド石けん協会 代表理事 林伸光

重ね、重ねよろしくおねがいいたします。

林伸光
[PR]
# by libranatutherapy | 2014-12-24 22:20 | 日記
 
おいしいお米のこと
新米の季節ですね。

ブログ読者様&FB友達の皆様にも農家の方々がいらっしゃるとおもいますが、僭越ながら、お米の話です。
今日はいつも柚子の蒸留をしている香美町のお米農家の方々とお話しをする機会がありました。
そんな話の流れで。。。

今年は、東日本を中心に豊作でよいお米が多いらしいです。
ブランド米といえば、魚沼産コシヒカリが定番です。
お米は「食味」という審査があって、最初は機械が糖度などを計り、その最初の関門を潜り抜けたお米が、
判定員による検査によって、100点満点の〇点というように点数がつくのだそうです。
94点とか、95点というのが最高水準のお米なんです。

とはいっても、80点を超える点数が取れるのは、全国から出品されるエントリー3000以上のなかから、
5%以内の狭き門というのですから、お米の世界も厳しいなあと、おもいました。

農家の方々の涙ぐましい努力にも敬意を表するのはもちろんですが、食べる方の私たちからみると、
他にも気になるのが、安心安全です。

よく耳にするうわさ・・・農家は自分の家族が食べるものは、別の田んぼや畑でつくっている。。。。。。
収穫量が悪くても、農薬を抑え、穴あきの野菜でも、家族のためにはそちらを食べている。。。。。。
これ、悲しいことに、単なるうわさ話ではないみたいです。

私は「ほんとは怖い??」とか、「世の中欺瞞だらけだ??」、「買ってはいけない・・」風の恐怖商法まがいの
情報は、はっきり言って嫌いですし、自分もしたくないです。

ただし、いいものも、そうでない普通のものも、同じように扱われていては、いいものは消えていくとおもいませんか?いいものをいいものとして評価しない社会は、いいものを失ってしまう社会です。

経済学のセオリーに、「悪貨は良貨を駆逐する」というのがあります。
純度の悪い1ドル金貨と、純度の高いよい1ドル金貨があったら、だれもが、純度のよい金貨をタンス預金して、純度の悪い金貨を買い物に使うので、流通する金貨はすべて悪いものになるという論理です。

だから、いいものを探し出して紹介し、それを皆様の手に届くようにする。これが、商いの王道だとおもいます。それが、商いの道だと信じます。

さて、お米に戻りますが、あなたに農家のおじいちゃんやおばあちゃんがいたとします。
「孫に食べさせる米」を毎月とか、定期的に送っているとします。そのお米はどんなお米でしょうか?

孫に食べさせたい、他のを食べさせたくないというお米は、おそらく農家にとって最高のお米ですよね。
なにせ、かわいい孫に食べさせるために作ったのですから。。。

あなたにお子さんやお孫さんがいたらどうでしょう?農家でなくても、同じ思いなのではありませんか?
あなたに、農家の親戚があったなら、その方に頼んでみましょう。それが一番信頼おけるとおもいます。

さて、今日はライブラでお米を紹介するという、なんとも馬鹿げた??話です。
でも、みなさんもご存知のように、ライブラは兵庫県の但馬で柚子の精油を蒸留し、バラを植えていますよね。
そのパートナーの農家のみなさんとの交流で、お米を少しだけ、本当にいいお米だけ、やってみようと思い、ご紹介をすることにしました。

どんなお米かといいいますと、

1)農家が自家用と同じ栽培法で作ったお米「孫に食べさせるための米」であること。
2)兵庫県美方郡香美町小代区の標高500m以上の、水も空気もきれいな高地の棚田でつくられたもの。
3)食味80点以上は確保すること。(おいしい米の5%以内にランキングされるものという意味です)

こんなおいしくて安全なご飯を、約20家族程度限定(1家族年間60kg)で用意します。

またそれに加えて、高原の林に囲まれたきれいな田圃での田植えや稲刈りの見学にも行ける権利もついてきます。農家の栽培の様子はブログを通じて配信されます。
また、やむを得ないときには、農薬の散布情報などネガティブな情報の公開もします。
ただし、農家が自家用にする米と同等ですからよほどやむを得ないときに使用していることはいうまでもありません。

さて、もしこんなご飯があったら、いかがでしょう?

気になるお値段??
おそらくですが、、、30Kg玄米またはそれを精米して約27kgで、税込16200円+送料

毎月10kg食べる家族の3か月分で、このお値段。。。安いですよね。
もし、10kg2500円の得体のしれないディスカウンターのご飯をお食べになっている方はそう見るかもしれません。。でも、家族でファミレス1回分で3か月のお米がおいしく、安全になります。

やっぱり、お得ですよね。

そうそう、お孫さんに送ってあげるのもいいですね。

そのうち、ライブラのネットショップに、「お米」のボタンができるかもです。(笑)
それまで、今しばらくお待ちください。
[PR]
# by libranatutherapy | 2014-10-30 00:07 | 会社的お知らせ