ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
被災された方々の未来のために、私たちができること。
東関東大震災(東北太平洋沖地震)でお亡くなりになられた方々に、深い哀悼の意を表します。

また、ご遺族ほか被災者の方々の深い悲しみ、痛み入ってあまりあるおもいです。
林は東京校で震度5の地震にありましたが、これほどまでに大きなものとはおもってもみませんでした。

わたしは、阪神淡路大震災を経験しました。いまとなれば、まだ小さな地震であったかもしれませんが、それでも何千人の方々が瓦礫の露と消えました。あの朝のことは今でも鮮明におもいだします。

震災は、一瞬の内に命を奪います。それは悲しいことです。しかし、その後、町の再建、生活の再建には莫大なお金がかかり、その借金を苦に自殺に追い込まれる方々も多くいました。
そして、たくさんの企業がつぶれて、失業者をだしました。
災害の次は、現実の生活苦が二重に襲うのです。

私たちは、何かできないかとおもい、ライブラポイントからの寄付を募っています。
100ポイント100円で日本赤十字を通じて寄付をいたします。また、その合計金額に10%のお金を加算して、ライブラから寄付することをはじめました。

物を送ると、それを整理する人に負担をかけます。私は阪神のとき、ボランティアとして物資の整理をやっていましたが、とても大変で、被災地にむしろ、整理のための負担をかけてしまいます。あの時は、送られてきた「タイ米」を手にとって憤った記憶も有ります。(タイ米は当時誰も口にしないほど余っていたのです)

私自身の経験からもお金がいちばんだと思います。

また、被災者の方々、被災地ではたらく消防や警察の方々に、
リラクセーションのサービスを提供出たらいいなとおもっています。
同業者の皆さんで、協力してできるといいですね。
ただしこれは、まだ先でないと、ありがた迷惑になりますから、いまのところ控えましょう。

いま現在私たちに出来ること、それは、ネガティブなムードで、自粛、自粛になり、経済を萎縮させないように、節電などに心がけながらも、経済を維持することです。そして、たくさん寄付して、税金を納めることです。私たちが元気でないと、被災者の方々を助ける力がなくなってしまいます。

そのような考えから、ライブラはむやみやたらと自粛、営業停止をいたしません。
そのときの、状況をよく考えて、できるだけ通常どおりの授業、営業をおこないたいとおもっています。

そのため、携帯のページ「震災による東京校の状況」を開設し、皆様に細かく情報を流すことにしています。

下記携帯サイトをごらんになってください。

アドレスは、

http://libra-kobe.gdd.jp/view/37919/


f0045769_113538100.jpg


よろしくお願い致します。

みんなで、この難局を乗り越えましょう。

※来店来校の際の安全対策、判断は自己責任でおねがいいたします。

※震災関連の不可抗力による授業欠席等については、「補講料なし」での振替などの対応をいたしますので、無理なさらずご判断ください。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-03-14 11:36 | 会社的お知らせ
 
 
<< 日本人は素晴らしい    計画停電による東京校授業見合わ... >>