ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
「がんばってください!」は禁句? 「ありがとう」を強いないで。
震災から2週間、そろそろ、「組織化された」ボランティアの方たちの活動が本格化しているようです。

私は、「ボランティアはちょっと待って!」ということをお伝えしましたが、日本には阪神や中越の地震の経験から多くのボランティア組織が生まれています。

今回の震災をみてみますと、やはりそれらの体験、経験が活かされているように感じます。
感情的な行動より、冷静な行動が見られているように思います。また、震災後、一定期間を経て、
そろそろボランティアが現地で活動している姿も見られるようになってきているようです。

「じゃ、私も!」と思う方もいらっしゃると思います。そのような方は、居住地の社会福祉協議会などに連絡し、ボランティア組織に参加されてはいかがでしょうか?

組織として、経験や文化をもつNPOやNGOの組織は、いわば「ボランティアの専門家」です。
独りよがりなボランティアにならないように、組織の中で活動するというのは、いい方法です。

彼らは、さまざまな経験から、被災地に負担をかけないように自活の場を探し、支援対象を手分けして分担し、役所関係がしないようなキメの細かいサービスを提供しています。

ある意味、仕事的に厳しい文化を持った人たちですが、本来、災害支援というのは生半可な気持ちでしてはいけないのです。(そんなことするならお金が一番です)


「がんばってください」・・・と言われる。。。実は結構つらいのです。


私の経験では、震災後、2週間ほどたつといわゆる非常時の緊張感が緩み、今度は「先の見えない、絶望感、無力感」が広がります。実は、私も阪神淡路以来、災害のニュースが連呼されるなかで、身体の力が抜け、仕事へ向かいにくくなってきました。いわゆるPTSDの症状だろうとおもっています。理由もなく身体がだるく、やる気がでない。軽い鬱症状がでるのです。

当時それを強く感じたのは、震災ボランティアの方がかける言葉のなかで、「がんばってください」という言葉を聞いたときです。私はこれを聞くと、腰が砕けるような気がします。

ボランティア:「がんばってください」

私:「はいがんばります。ありがとうございます」
(心の声」:これ以上がんばれないよ。。しんどい) 

という感じです。



「がんばること」を強いてはいけないとおもいます。

「ありがとう」という言葉、感謝を強いてはならないとおもいます。




「がんばってください」の代わりに、

「私たち、みなさんのために頑張ります」とか、「また来ます」 

「お役に立てば、うれしいです」とか


自分主語の言葉使ってください。被災者を主語にした言葉は被災者に負担をかけるのです。

このことについて、西宮市会議員で、震災を経験された今村岳司さんが、

ある意味、「ぶっちゃけ本音トーク」の意見をブログで書かれ、物議をかもしています。

私は、今村さん、よく言ってくださった。賛成!とおもいます。

被災者は遠慮で本音が言えず、自分を下げすむ傾向に陥っているからです。

今村市議のブログ:http://xdl.jp/diary/


では、ボランティアに出かけられる方、ご苦労さまです。

ライブラでは、精油提供を、組織ボランティアの方に対象を広げました。

NPOやNGO、学校などの組織でボランティアに行かれる方、またお知り合いの方、

ライブラの精油を被災地でお役立てください。足湯に少し入れるなどすると、喜ばれるとおもいます。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-03-30 08:34 | 日記
 
 
<< 夜を楽しむ    震災ボランティアのための精油提... >>