ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
アロマの履歴書(3) 日本初の精油ブランド 「ライブラ」
1990年の秋、ライブラエッセンシャルオイルシリーズを発売した。いきなり30種類程度のオイルを一気に発売した。ラベンダーは10ml ¥1500だった。私にとって人生をかけた大勝負ともいうべき、仕事だった。

というのも、1988年に開業したポプリ工房(後のライブラ)は、月の売上で数十万円、とても給料が取れる会社ではなかったのだ。仕入れをする資金を工面するのがやっとだったのである。

当初の材料は、香料会社を通じて手に入れることができたが、問題は瓶だった。アロマ用のドロッパー付の瓶を手に入れるは困難で、そのせいでシリーズ販売後も何度も瓶を変更した。

実はこの精油シリーズは、日本のアロマブランドとしては日本初だった。生活の木は今では有名になったロキシタンの精油をあつかっていたし、カリス成城はマギーティスランドの精油だった。
この時期、他に精油を扱っていたのは、サンファーム商事がロバートティスランド、西武百貨店が独自に六本木のWAVEでニールズヤードを販売していた。
このような状況であったから、英国ブランドの精油と肩を並べて、アロマテラピー用として販売を始めたブランドとしてライブラは日本初なのである。

私は勤務先から帰ると私は夜な夜なオイルを瓶詰し、店頭に並べた。しかし、まったくうれなかった。

このころから、ある女性講師O氏が東京でアロマを習ってきたといって、お店で講座をしたいといってきた。
私は、精油が販売促進に、それを許可した。当時は私はハーブ教室をしていたが、アロマの知識には自信がなかったので、一見よいコラボに思えたのだが、あとでこのO氏がとんでもない詐欺師であることが判明するのである。
[PR]
by libranatutherapy | 2012-07-22 11:32 | アロマの履歴書
 
 
<< アロマの履歴書 (4) 香りの...    アロマの履歴書(2)「井戸を掘... >>