ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
アロマの履歴書(7)日本のアロマの父、栗崎小太郎先生のこと
91年の暑い夏。お盆のころのこと。私はオリジナル精油「ライブラ」をもって、東京都内のハーブショップを行脚した。ハーブの本などの後ろに載っているハーブショップのリストを作り、それをもって都内のハーブショップに飛び込みセールスすることが目的であった。

最初は市ヶ谷から歩いたと思う、左手に靖国神社をみてしばらく行ったところの右手、ビルに中2階に「ハーバードハウス」というハーブのお店があった。これが以前、高山林太郎先生に教えてもらった栗崎小太郎先生のお店であることは知っていた。

入り口から入ると、「いらっしゃい」と、神経質そうな顔つきで自分の父親くらいの男性がでてきた。当時55歳くらいであられたとおもう。「わたくし、林と申しまして、大阪から来ました。エッセンシャルオイルをみていただけないかとおもいまして。」こういう私に、先生は顔色を変えて、「業者なら裏口から入りなおせ!」といって、私を一蹴した。私は、あわてて裏口へ。とはいっても3メートルほどおくの同じようなガラスドアだった。

彼は、「ライブラ?」聞いたことあるな?といって、再び顔色を変えた。
「お前のところのO氏ってやつに、精油を売ったが代金をもらっていないが!」と私に詰め寄った。
私は「O氏はライブラの人間ではありません。講習会に場所を貸したことがあるだけです。」
私は弁明した。そう、あの履歴書(3)の最後に登場したO氏である。O氏はライブラの教室で、ハーバードハウスで仕入れたロバートティスランドの精油を、私に隠れて密かに販売していたのだ。別のブランドの精油を売ることで、小売りマージンを稼ぎ、ライブラはただ、お人よしにも無料で場所を貸し続けていただけだった。

私は、O氏のその所業を訴え、先生はようやく理解してくれた。雨降って地固まるとはいうが、この話題のおかげかわからないが、いろいろと話がすすんだ。先生もかつては商社マンだったらしく、奥様は、あの巨人軍の管理栄養士として、NHKの番組でも知られる本多京子先生だという。

先生は、アロマテラピーのコースを開催されており私はそれに参加したいと申し出た。
私の同期には、福岡のルレアヒーリングの原さんがいた。そのほかにも、今では日本のアロマ界をしょって立つような人物が、次から次へとこの門をたたいている。

おそらくは日本のアロマ界の黎明期に、燦然と輝くアロマの登竜門であったことは間違いない。
現在アロマ界で、活躍するほとんどの先生方は、栗崎先生の門を一度はくぐったことがあるとおもう。
むしろ、ハーバードハウスにいっていない人はもぐりといえるかもしれないくらいである。

ハーバードハウスは、1998年ころだったろうか、原宿のモリハナエの横の路地をはいったところに、移転した。それから、しばらく先生もお元気だったが、2003年ごろ、愛弟子の池田亜衣先生、窪山先生たちが、残った生徒たちへ最後の授業をされて、静かに幕を下ろしたと聞く。

私は栗崎先生にずいぶんお世話になった。先生は糖尿をわずらっていたので、お酒は禁止だったが、私がいったときには、いつも、本多先生に内緒?で、シャブリの白ワインを空けた。ある意味、息子のようにかわいがってもらったとおもう。

本多先生とともに、 西宮で講演をおねがいしたこともあった。西宮市民会館の一室で栗崎先生と本多京子先生のご夫婦の講演会だった。料金は5000円、40人くらい集まったが、今から思えば、こんな豪華なセミナーをよくもまあ、できたものだとおもっている。

先生は、その後も私を、アロマの道にどんどんひっぱっていってくれた。私にとって忘れられない大恩人であるが、同業のライバルとして頭角を現す私はやがて先生に疎まれるようになったのかもしれない。
ふりかえって、例えれば、ちょうど、フロイトとユングのような難しい関係になっていったようにおもう。

最後にお会いしたのは、2005年ごろだったようにおもう。ハーバードハウスの同窓生の仲間、池田朗子さんから連絡があり、栗崎先生の健康を祈願してパーティがあるというのだ。
私は久しぶりにお顔を拝見した。先生は、「おお、林君か・・・」と,私の顔をみると静かにうなずいていた。

私は、このパーティの前に銀座の三越で先生にエンジ色のカーディガンをかってプレゼントした。
あとで聞いた話であるが、先生はとてもこのカーディガンを気に入って、林君にもらったといって喜んでおられたと聞く。私は、長く断絶してたわだかまりが解けたような安堵感につつまれた。

気難しい方でもあったので、敵の多い、先生だったが、やはり、この日本のアロマテラピー界において、
忘れがたい、偉大な指導者であったとおもう。

高山先生が著作で貢献したというならば、栗崎先生は人材の輩出で貢献した方だった。

f0045769_9341958.jpg
ハーバードハウスの全課程を修了したことを証明する卒業証書1992年10月26日である。
f0045769_9353964.jpg
続いて1年後マッサージのディプロマを取得した

※旧友、池田朗子先生(ロンドン在住)からの助言をいただき、文字の間違い、年の間違いなどを修正しました。ありがとうございました。2012年8月17日
[PR]
by libranatutherapy | 2012-08-12 09:27 | アロマの履歴書
 
 
<< アロマの履歴書(8)阪神淡路大...    アロマの履歴書(6) 布引ハー... >>