ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
皆様、誕生祝のメッセージありがとうございました
ブログ読者の皆様、FBフレンズの皆様、たくさんのお祝い、心温まるお言葉を多くいただきました。
ありがとうございます。

誕生日の今日もいつものように忙しく、夜遅くの返礼となりました。
遅れましたことお赦しいただければ幸いです。

さて、50歳というのは大きな節目です。

そこで、もう昨日となってしまいましたが、誕生日のこの節目に感じたことを皆様に以下のように披露させていただきます。題名は「辞世ー敦盛」です。


【 辞世-敦盛 】


「人間(じんかん)五十年、化天(下天)のうちに比ぶれば、夢幻の如くなり」
神戸須磨の浦で平敦盛を討った熊谷直実が、若き敦盛を討ったことを後悔した後に出家して詠んだ章句の一節です。

信長が桶狭間に向かって出陣するときも、彼はこの敦盛を吟じて舞ったといわれています。

この章句は人の世は50年、化楽天(化天)すなわち人や畜生が住む世界のより一つ上にある天界の一日にくらべれば、夢か幻のような短い時間にすぎないと、人生の無常を表現しているものであるらしいのです。

当時の中世日本の平均寿命は50歳。

とするならば、私はもう人生の幕を引く年齢となりました。
明日死んでもおかしくないということでです。

明日死ぬとしたらどうだろう。

そう私は自分に問うてみたのです。

それが、結構いい人生だった気がするのです。

もちろん、立派な業績も、大きな会社も残せた人生ではなかったかもしれないでしょう。
しかし多くの人と出会い、心を通わせ、感情を楽しみ、泣いたり笑ったりもした。

実に愉快。そして充実した人生であったように思うのです。

私の人生で出会いをいただいた人たちの中には、志半ばにして倒れた友、まだ生きたいと願いながらも死んでいった親しい人がいます。

その者達の無念に想いを馳せれば、この50年という時間がとても愛しく感じられるのです。

今となって思えば、物質的な豊かさや地位や名誉など、たまたまめぐりあえば幸運だが、
巡り会えずともどうってことはないように思えます。

ましてや、それを追い、苦しむこと必要など何もないのです。

大切なのは、こころ豊かに、安らかに、楽しく、朗らかに、生きてこられたかどうかです。

そういう意味において私の人生は、まあまあ良かった。そして、50歳を機に新しい一日一日を、生きているだけで丸儲けとおもって、精一杯生きてみようかとおもうのです。

この世の誰もが、自分の寿命を決めることはできません。

そうであるならば、今日のこの一日が、一瞬の閃光で消える線香花火のような最後の一日なのかもしれないのです。

だからこそ、私はよろこんで生きたいのです。

先に逝ったあの人たちが、どんなに望んでも迎えることができなかった、その今日を私はいきているのですから。
[PR]
by libranatutherapy | 2012-10-19 01:57 | 日記
 
 
<< 英国ラグジュアリースパブランド...    アロマの履歴書(12)表示基準... >>