ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
アロマの履歴書(18) アロマ界の2000年問題
前回のIFA訪問のエピソードの中に、RQA(Register of Qualitified Aromatherapists) と、ISPA(International Society of Professional Aromatherapists)について書いた。前者はロバートティスランドが、後者は、シャーリー・プライズが率いる、営利的アロマテラピー団体だった。この両者とIFAの違いは、営利的であったことだ。IFAはチャリティ(非営利)である。

この二人のリーダーは、元はIFAのメンバーだったが、そこから独立する形で独自の団体を立ち上げて、それなりの規模や組織となっていた。

英国政府が、前出のNOSをまとめる頃には、すでに、政府からも認められる組織となっていて、英国政府は、IFAとRQA,ISPAを、並列のアロマテラピー団体として位置づけていた。そしてその上部組織である、AOC(Aromatherapy Organization Council)という団体に統合していた。

この統合には、政治的な理由もあった。当時の英国政府は、代替補助的医療の団体をつくって、この手の療法を管理しようとしていた。

BCMA(British Complementary Medicine Association)という組織にアロマテラピー団体の統合組織、AOCをまとめる必要性があったのだ。

BCMAには、アロマテラピーのほか、レイキヒーリングや、カイロプラクティクなどもあったと記憶している。

そのAOC傘下の団体である、RQAとISPAが、1997年ごろまでに、経営難に陥り、多額の借金を抱えてしまっていたのである。


AOCはそれを放置するわけにもいかず、非営利団体でありながら、経営のしっかりしていたIFAに救済するように要請してきた。
IFAは、政府の要請を断るわけにもいかず、2000年をめどに、両団体を吸収合併して、
IFPA(International Federation of Professional Aromatherapist)として再出発するはずだった。

しかし、黙っていられなかったのはIFAの古参のメンバーたちだった。

「金欲しさに、勝手に家を出たものを、金がなくなったからって、借金肩代わりなど、虫が良すぎる」
と大反対したのだ。

イブ・テーラーやジョアンナ・ホアなどの会長経験者は、当初から反対を表明していたが、若手メンバーの推進があって、IFAはIFPAに傾いて行った。
ところが、IFPA発足時に、古参メンバーたちは相次いでIFAを出て、新生IFAとして再結成したのである。実際にはIFAの旧メンバーは、残留組と新規のIFPA参加組に割れることになったのである。

また、IFPAは、メンバー数を確保するために、IFAメンバーをIFPAメンバーとの両立(並立)、すなわち、IFAに籍を残したままのIFPA参加を認めたために、両方の協会に属することになる会員もいた。

実は、この手の並立メンバーは、かなり多い。

これが、英国アロマテラピー界の2000年問題である。
あれから、10年以上の歳月が流れるが、IFPAは、当初の目論見にかなわず、あまりニュースを聞かないこの頃である。また、AOCは解体し、英国政府の代替補助医療にかんする取組は、EUの統合問題とともに暗礁に乗り上げたようである。

一方で、今日、IFAは中国や韓国、台湾、シンガポールに広がり、躍進を続けているのである。

f0045769_1633785.jpg

ライブラ香りの学校芦屋校(当時)に、IFAの試験官として来訪したジョアンナ・ホア元会長と私。撮影場所は、ライブラナチュテラピー西宮本店
[PR]
by libranatutherapy | 2013-12-17 15:44 | アロマの履歴書
 
 
<< アロマの履歴書(19)スクール...    アロマの履歴書(17) アロマ... >>