ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
アロマの履歴書(19)スクールエデュケーションプロジェクトから香育へ
1999年、成功か失敗か?ひやひやしながら始まったアロマテラピー検定は、11月の実施をもって、なんとか成功といえるものだった。初めは1千万以上の赤字を覚悟して始めたのだから、上々の船出となったとおもう。
いまでは、30万人近い人が受験し、さらに進行形のこの検定は、今では協会の屋台骨となっているというのは、奇跡のようだ。

もちろん、資格関係者だけでなく、事務方の貢献も大きいとおもう。どんどん大きくなっていく、協会の事務をいち早くシステム化し、大規模な会の成長に先鞭をつけたのは、当時の事務局長の北原氏の功績とおもう。

一般の人々を対象にしたアロマ検定の成功に続いてはじまったのが、スクールエデュケーションプロジェクトである。未来のアロマセラピストや愛好家を、こどものころから育成しようというものである。

時期を同じくして学校完全週休二日とゆとり教育に呼応して、中高生のためのアロマテラピー教育を始めようという声があがった。スクールエデュケーションプロジェクト(SEP)と呼ばれる事業である。

このSEPの発案者は、同じく常任理事の市辺さんだった。はじめ常任理事会は、何のためにするのか、協会に利益はあるのか?と、懐疑的だったが、インストラクター資格者の活用、将来への長期的な視点で、とうとう論破して理事会を通過させた。市辺さんは神戸の政次さんん、そして私とともに、関西からでていた。関西対関東ではないが、いつも大政翼賛的になりがちな会議にアンチテーゼを提供し、あるべきバランスに導く役割を持っていた。特に京都の市辺さんの存在感は大きく、さすが1000年の都の学識を感じさせた。彼は日本アロマセラピー学会と協会をつないだキーマンでもあった。そんな中高生向事業を主導し、地道な努力と発足以後10年以上にわたって、この活動を文字通り、育て上げ「香育」として普及させたのは、リベレーション社長の小知和さんだった。小知和さんは子育てまっただ中の母親であり、本当に熱心に取り組まれていたと思う。私は彼女に頼まれて、SEPのテキストを編纂することになったのである。

いかに、面白く中高生の興味を引くことができるだろうか?
私は考えていた。その時、いつも資格制度の委員として私にいろいろな意見をくれていた、シュタイナー教育の実践者として有名な宮川明子さんが私に、「中高生を子供扱いしない方がいい、結構レベル高いから・・」と、助言をくれたのは大きかったとおもう。

いま、アロマテラピー検定のテキストの巻頭に書かれている
「地球の明日のために/私たち現生人類であるホモ・サピエンスは・・・・」から始まる、人類と植物の大河ドラマさながらの文章はこの時生まれたのである。



いまや多くの人が知っているこの文章は、中高生に何を伝えるか??というテーマについて、悩みに悩んだ末に、ふと光が降りてきたような感覚で書き上げた文章である。

植物と人間の関係、人類がいまも抱え続ける戦争や資源、環境の問題。それらを愛と信頼によって克服し続けてきた先人の努力。その素晴らしい遺産を引き継いでいるのが我々若い世代であり、これからもそれに挑戦し続ける、という大上段に構えた文章である。

はじめはSEPのテキストだけに掲載されていたが、検定テキストの改定の際に、検定テキストにも掲載されることになった。

私は自分が創作した文章のなかで、いまだに生涯を通じてこの文章が一番気に入っている。是非、このアロマテラピー検定のテキストのはじめをご一読いただければ、光栄の至りである。

この中高生に向けたメッセージが、のちに、協会が社団化されるためのきっかけになろうとは、だれが想像できたであろうか。
この文章はやがて環境省のお役人の目にとまり、アロマテラピーは環境問題の教育に貢献できる可能性があるというインスピレーションにつながったに違いない。

SEP(香育)から始まるこの、「天から降りてきた文章」は、その後のアロマテラピー界を大きく動かすことになるのである。


f0045769_2247286.jpg


f0045769_22571370.jpg

SEP(香育)テキスト
[PR]
by libranatutherapy | 2014-01-11 22:31 | アロマの履歴書
 
 
<< アロマの履歴書(20) 社団法人化    アロマの履歴書(18) アロマ... >>