ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
メディカルアロマセラピーに興味のある人必見です「ピエール・フランコム博士講演会」
【6月27日(土)フランスアロマセラピーの巨匠 ピエール・フランコム氏来日講演および、総会・学術会議開催のお知らせ】
日時: 2015年6月27日(土) 9:30~16:30
場所:梅田スカイビル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一部: ISA会員総会 
「REFOMED(リフォメッド)とISAのパートナーシップについて」
9:30~10:30 公開イベント:参加無料 定員50名


昨年から準備が進められているEUのメディカルアロマセラピー資格制度があるのをご存知だろうか? その名はピエール・フランコム博士らが先導するREFORMED (リフォーメッド)。このREFORMEDとISAは、提携することが、2月27日のREFORMED総会で可決された。ISAもこのカリキュラム作りに参加。医師向け、医療従事者向け、一般向けの3つの資格となる見込みである。いよいよ、メディカルアロマセラピーの国際資格制度へ向けて一歩を踏み出した。このあたりの、情報をいち早く会員のみなさんにお伝えします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二部:学術会議 :「クラリーセージは本当に女性ホルモン様作用があるのか?」
11:00~13:00パネルディスカッション形式。定員50名 
参加費:会員無料、会員外税込1000円

アロマセラピー精油の薬理作用って、本当にあるのか? あるといっている人々は、何を根拠にいっているのでしょうか?

今回は、いままでほとんど触れられなかった、アロマセラピーの効果について、その学術研究の信ぴょう性について、ズバッと切り込みます。ある意味、だれも語らなかったタブーに挑戦する会議となるでしょう。

このイベントは、講師のいる講演会ではなく、パネルディスカッションの形式をとり、司会者が発題しそれについてパネラーがディスカッションします。予定調和の落としどころなど、はじめから無い、会議ですので何が飛び出すやら、こうご期待です。

パネラーには、当研究所所長の田代眞一先生が登壇予定です。。
-----------------------

第三部: 記念講演 ピエール・フランコム博士「マダカスカルにおける植物療法の挑戦」
14:30~16:30 
定員100名 参加費:会員税込5000円、会員外税込8000円 

フランスアロマセラピー学派の巨匠、ピエールフランコム氏による講演会です。彼は、アフリカの東海上に浮かぶ島、マダカスカル島の貧しい子供達のために、自然療法で治療する小児医療センターを開設されています。その小児医療センターでは、植物療法を学ぶ医師、看護師など100名を超える医療スタッフが常駐しており、政府の医療援助の一環として行われています。ここでの臨床症例や治療例に基づく研究を、ピエール・フランコム博士ご本人から聞ける滅多にない講演会です
[PR]
by libranatutherapy | 2015-03-08 00:55 | 林の講座案内
 
 
<< ライブラから新ブランド Lad...    映画・繕い裁つ人 >>