ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
清濁あわせ呑む!?呑まない??
清濁あわせ呑む。。。。何かを得るために、何か不都合なことも目をつぶってよしとする。
という意味でいいとおもうのですが。。。まあ、そんな言葉でしょう。
世の中には、さまざまな清濁あわせ呑む、があります。
人生は、そんな妥協の産物。??054.gif
新しいことに直面するたびに、私たちはそんな妥協を繰り返して生きています。028.gif
それに、愚痴をこぼしたり、感じないふりをしたり、やがて我慢できなくなって「切れ」たりします。
まともに見ることができなくて、そこから逃げたくなることもあります。
エリザベス・キューブラー・ロスは、彼女の自叙伝「人生は廻る輪のように」の中で、次のようなことを言っています。(意味を文にしたもので引用でないのですが。。)

人は何かの課題を突きつけられたとき、かたくなに拒んで攻撃する相手を探すか、すべてを受け入れ愛する道を選ぶかのいずれかである。そしてもちろん、私は後者を選んだ。

彼女は、エイズのホスピスをつくるため、農場を買い、そこに施設をつくって準備をすすめていました。ところが、エイズに偏見をもつ、周りの人々の反感、憎しみをかい、とうとう、施設に放火され、研究成果や、思い出の写真などの全てをうしなったそうです。そのとき、彼女は、胸を引き裂かれる思いのなかで、隣人たちを赦し、愛する道を選んだといいます。
彼女が一方的にそう思ったとしても、相手はそうは思ってくれなかっただろうとおもいます。
それでも、愛し続けるということはどういうことか。愛と恐れを問い続けた彼女の、生き方そのものであったから、彼女は後者を選んだのでしょう。

ライブラの20年間を振り返ると、社長の私自身が人をうらやみ、批判した前者の時期から、後者への道へ少しずつ、近づこうとしてきた20年間であったように思います。053.gif私たちも愛する道を選びたい。清濁併せ呑むのではなく、濁をも愛して清とする。そんな勇気をもって生きよう。愛ある会社とは、そういう意味を含んでいます。
[PR]
by libranatutherapy | 2008-07-21 04:30 | 日記
 
 
<< ANAの a-style ネッ...    テーマを決めないセラピーのワー... >>