ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
ルルドの奇跡の泉(Lourdes France) その2
今日は芦屋にきています。高級住宅地?・・・実は芦屋の山手、六甲山の中腹標高500メートルほどにある当社の保養所です。今日は少しあたたかく、陽差しもあって早春のすがすがしさを感じる天気です。今は講師の先生方が集まって勉強会をやっているのですが、講師は名古屋の岩下先生なので、私はゆっくり流れる時間を楽しんでいます。
さて、前回ルルドのベルナデッタのお話を載せました。なぜルルドなのか、疑問に思われた方も多いですよね。その疑問にお答えします。

1985年3月、私は約20日間ほどのヨーロッパ旅行に出かけました。大学の卒業の記念の旅行でしたが、当時敬虔なクリスチャン(今はナマグサなクリスチャンです)であった私は、イタリアはローマ・バチカンのサン・ピエトロ大聖堂から始まり、ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の講話に出席、平和の祈りで知られるアッシジの聖フランシスコ教会、フィレンツエの大聖堂、最後の晩餐で有名なミラノのサンタマリアデレグラッチェ教会とめぐり、ルルドで終わる気まぐれな旅をしていました。
最後の目的地、ルルドには昼過ぎに到着しました。ルルドの教会は広々とした牧歌的風景の敷地に洞窟と教会のあるところでした。早春の平日でしたので、巡礼と観光の人々がポツリポツリと見受けられる程度のさびしい曇りの日でした。私とカトリック教徒の友人2人でその教会にはいりました。小さな教会堂の入り口には聖水の水皿があり、2人はカトリックの慣わしにしたがってその水で十字をきりました。私はプロテスタントなのですが、長い巡礼でその方法を覚えたのです。教会堂の前には白い修道服に身を包んだ尼僧が2人静かに祈りをささげていました。その奥の事務室?からは男の神父の話し声が聞こえます。あまりに静かな祈りの様子だったので、私たちは終始無言で静かに祈りをささげ、早々にその教会堂をでました。そして、再び洞窟の水汲み場の前をとおり、持っていた登山用の水筒いっぱいに水をいれて駅へ向かいました。駅へ続く道には水筒を売る土産物屋が並び、そろそろ陽が傾きかけてきたのか薄暗くなろうとしていました。私はその道を駅へ急ぎながら友人にこういいました・・・
私:「ねえ、さっきのシスター2人、すごく静かだったね。気配を感じないくらい・・・・」
友人:「えっ!誰も居なかったよ・・・・男の人の声が奥でしてただけだった・・・」
私たちはそれを確かめるべく戻ろうとしましたが、教会からすでに20分以上をかけてくだってきていました。しかも明日朝パリに着くための列車の時刻が迫っていました。
私はその2人のシスターをベルナデッタとマリアだと信じています。なぜ、私にその姿を現したのかはわかりませんが、私の目に焼きついたその姿はいまでも忘れられません。

今日2月21日は6回目の聖母出現の日です。

<ルルドからのメッセージです>
2006年は戦争のない平和な年になりますようお祈り申し上げます。
ルルド巡礼センターホームページ:http://www.cybersuds.co.jp/ge/lourdes/

f0045769_1611657.jpg
[PR]
by libranatutherapy | 2006-02-21 16:09 | 日記
 
 
<< 芦屋保養所午前2時・・・!    ルルドの奇跡の泉(Lourde... >>