ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
ルルドの奇跡の泉(Lourdes France) その3
荒川静香さん金メダルおめでとうございます。大会の前の苦悩の練習風景を追ったドキュメントを見ていたので、彼女の快挙に思わず涙してしまいました。多分日本中が目頭を熱くしたことでしょう、ところが当の本人は満面の笑顔あるのみ・・・彼女のメンタリティの強さを垣間見ました。

さて、お約束どおりルルドの完結編です。

2001年3月、私はIFAの認定校のリサーチで英国を訪れ、フランスに立ち寄りました。旅行前に本屋で何気なく旅行のガイドブックをめくっているとそこにベルナデッタの写真が載っていて、彼女がヌベールの修道院に安置されていることを知りました。前に心の灯火(朝の礼拝TV番組)で見たときも、パリ近郊の修道院としか聞いていなかったし、ルルドに関する旅行ガイドは多いのですが、その後のベルナデッタについて記載されたものは少なかったのです。そのため、私はその記事をみて興奮し、ベルナデッタに逢いに行く決意をしました。
パリから列車で2時間程度であったとおもいます。田園地帯が広がるパリの郊外を離れ、列車は田舎の風景のなかを走り抜けていきました。ヌベールの町でのホテルについて、ホテルのフロントでガイドブックにあったベルナデッタの写真を見せると、ホテルのスタッフは地図を広げ、ペンで大きく丸をつけてくれました。もう夕方4時ぐらいになっていたので私はその地図を頼りにこの古い田舎町を急ぎ歩きました。20分程度歩いたでしょうか、やや薄暗くなり始めた頃、ポツリと建つサンジルタール修道院を見つけました。礼拝堂の前にはマリア像があり、なんとなくルルドの洞窟を模したような一角がありました。私は急いで礼拝へ入りました。そこには数人の巡礼者がいました。それぞれ思い思いにガラスのケースの中に静かに眠るベルナデッタを眺めたり、祈ったりしていました。ほとんどの人は目に涙を浮かべています。穏やかな顔、小さな身体、35年の短く質素な祈りの生涯の形跡がそこにありました。私はただ言葉もなくなり、そこで手を合わせました。礼拝堂入り口に、アルバムのような手作りのメッセージ集が置いてあり、いろいろな国の言葉で教会からの短いメッセージが書かれています。後ろの方に日本語がありました。メモをしなかったのですが、以下のような文章でした。

「どんな理由であろうとも、確かにあなたはここに来たのです」

私は涙が出て止まりませんでした。私の中に雷に打たれたような赦しと癒しが訪れた瞬間でした。私は何かに憑かれたようにここまできました。あの時見た尼僧がベルナデッタであったことを確かめたかったのでしょうか。または本当に腐敗しない遺体などあるのだろうかという好奇心できたのでしょうか。
ここを訪れる人はどんな気持ちでベルナデッタを眺めるのでしょうか。巡礼という名の怖いもの見たさでしょうか。奇跡を起こした聖女に何かを願うためにくるのでしょうか。
私はこの一言に衝撃をうけました。彼女はここに来た全ての人を、訪れた理由を問わず、受けいれ赦していたのです。しかも、その人が訪れる120年以上も前からすでにお見通しのようでした。さらに私にベルナデッタは語り掛けました。

ベルナデッタ:
「私のところへよくおいでになりました。あなたを歓迎します。」
私:
「いや、その、興味本位で来たかもしれないし、私はあなたが思うほど良き人ではありません」
ベルナデッタ:
「何を言うのですか?あなたが来た理由などどうでもいいことです。来てくださったこと自体に価値があるのですよ。」
私:
「私はあなたの足元にも及ばない、世俗に汚れ、人を傷つけながらでしか生きられない存在です。」
ベルナデッタ:
「おかしなことをおっしゃる。だからこそ、ここに来たのでしょう。ここにくることを願い、実際ここに来たのです。」
「人とは、生きるために人を傷つけ、多くの人を踏み台にしなければならない存在です。生きるとはそのようなものです。イエス様やマリア様、そして私もそのような人たちのために祈り、代わってその罪の償いをしました。」
「だからもうよいのです。あなたは自分が生きるときにどうしても傷つけてしまう人たちを、顧みる深く優しい慈しみの心をお持ちになることを忘れないで。さあ、今ここで生まれ変わって歩きはじめなさい。」


今日2月25日は9回目の聖母出現の日です。148年前の今日、ルルドの泉が湧きました。
[PR]
by libranatutherapy | 2006-02-25 01:05 | 日記
 
 
<< 原罪意識    芦屋保養所午前2時・・・! >>