ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
カテゴリ:日記( 150 )
 
臨床哲学の提唱者 鷲田清一先生講演会のお知らせ
臨床哲学? 聴きなれない言葉ですよね。
先日、東北の被災地で聴く事をセラピーとするボランティアの講習会が開かれているところをテレビで見ました。そう、聴く事はとても効果的なセラピーなのです。

聴く事は、一般的にカウンセリングといわれる方法ですが、いつもメインのセラピーに入る前の前座のような位置づけです。
アロマの施術でのカウンセリングは、第一に施術前の安全チェックです。その後トリートメントが終わって、施術後になるとリラックスしたお客様が、いろいろ世間話や悩み話など、心の中のあれこれを話してくださることはよくあります。この時の聴く事が、セラピーだというわけです。ライブラ香りの学校では、この聴く事をセラピーとして位置付けて色々な授業をおこなっていますが、その理論的なバックボーンとなっているのが、鷲田先生の臨床哲学です。

職場ストレス、人間関係、恋愛問題、私たちはさまざまな、こころの問題を抱えています。それらは、決して一様なものではなく一人ひとり個性的で、多様な問題です。その多様性は、生き方や価値観、信念という領域にまで達していています。そこで哲学が働き始めます。大学の中の、ソクラテスやニーチェではなく、個人個人が哲学するパーソナルな価値観、これぞ哲学であり、これらの問題に対して向き合うお客様に、ソクラテス曰く「産婆」の役を演じて一人一人の「言葉」を受け止めようというのが、「聴く事」=臨床哲学の方法論なのです。セラピストとして、このセラピーの哲学を学べる絶好の機会が、今回の講演といえるでしょう。

主催の日本セラピスト登録協会は(RQT)は、セラピストの資格取得歴や実務経験を記録、登録し、それを第三者的に認証するというユニークな活動を行っている協会です。会費負担が重くて、泣く泣くAEAJの資格を諦めた人も、RQTに登録すれば、RQT登録アロマセラピストとして復活(AEAJ資格ではないですが)することができます。年会費2100円で入会できるそうです。私もこの協会の主旨に賛同しています。会場でお会いしましょう。

【講演会名】日本セラピスト登録協会(RQT)創立記念講演会
【講師】哲学者 元大阪大学学長 鷲田清一先生
【日時】2011年1月29日(日)13:30~15:30(13:00開場)
【場所】JR大阪駅前ヒルトンプラザウエスト南側 ユーズツー会議室
【参加費】一般6000円 会員4000円 (当日会場での同時入会6500円)
【お申込み】RQT様のご厚意によりライブラ関係者(生徒等)の皆さんは団体扱いの会員料金として4000円で参加できます。ライブラ香りの学校 大阪校 06-6343-2215 までお申し込みください。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-12-20 10:49 | 日記
 
あす10月28日に世界が終る!?
このブログでも、「2012年問題」といつタイトルで紹介した2011年アセンション説。
マヤ歴には2012年以降の記載がなく、2012年12月21日または23日に世界が終末を迎えるというはなしです。
私は終末論ではなく、新たな秩序、次元上昇が起きるという話をしました。
その、終末の日が明日28日だということを、カール・コールマンという学者が言い出して、
にわかに物議をかもしているのです。

しかし、朝のワイドショーで、紹介されるとは思いませんでしたが。(特ダネ)

そのことを私は、先月、夏目祭子先生に聞き、

「じゃあ、夏目先生のセミナーは、新たな時代の幕開けの30日にしましょう。」と
盛り上がり、30日のセミナーが決定しました。

今、人類は確かに何か転換の日を必要としているようです。新たな価値、新たなシステムを
多くの人びとが望んでいるのでしょう。

さて、夏目先生のセミナーも、いよいよ。日曜日に迫りました。

まだ、少し3名ほどの空席があります。ぜひ、ご参加を。

新しい時代の幕開けを、六甲の自然の森で私たちと過ごしましょう。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-10-27 10:10 | 日記
 
向井邦雄先生の『お客様が、ず~っと通いたくなる小さなサロンの作り方』セミナー
今やうん千冊も売れているビジネス書ランキングトップの向井邦雄先生の

『お客様が通いたくなる小さなサロンの作り方』セミナー、ついに登場!!!

アロマサロンはもちろん、エステやネイル、美容室の経営者や、
夢を抱く未来のサロンセラピストに捧げる、内容たっぷりの濃ゆーい内容のセミナーです。

私もこの本読みましたが目からウロコのサロン経営のノウハウがぎっしり。

本だけでは、物足りず、とうとう向井先生をセミナーに呼んでしまいました。

この日は月曜日なのですが、日曜日に時間が空かないサロン経営者のことを思っての向井流気配り。

夢見るOLさんなら、有給休暇とってきてもお釣りがくる内容です。ぜひ、ぜひ、いらしてください。

【日時】11月28日(月)10:00~17:00(昼休憩1時間)

【場所】東京都内 メトロ銀座線 外苑前から徒歩2分 クロスコープ青山会議室

     http://crosscoop.com/conference/room/aoyama

【受講料】12000円 

【お申込み、お問い合わせ】ライブラ香りの学校 メール受付 school@libra-kobe.co.jp まで

【セミナーの濃ゆーい内容を一足早く紹介します】

◆序章

・売上とは何か? ~「売上を上げる」の盲点~
客数×客単価×来店頻度
どれかを上げればどれかが下がる


◆集客

・あまりにも多い集客の間違い ~最小限のコストと先を見据えた集客~
クーポン誌・グルーポンなど安売りの広告
リピート率の低下、身体、精神の疲れ、サービスの低下

・店頭チラシの効果的な手法
メニューと値段だけでは魅力は伝わらない
価値観・情熱・有効期限
割引券の落とし穴とちょっとしたコツ
看板の重要性

・ブログとホームページの活用 ~ホームページは集客につながるのか?~
SEOとは?
店名や肩書きにひと工夫
お客様の動線と心の動き
自己開示

・サロンの立地についての考え方
満足度と経費の関係
個人サロンは「オンリーワン」を目指す

・メニューと価格の適正
ネーミングのコツと価格設定の注意点

・絞込みの重要性
お客様の層を絞り込むことで集客につながりやすくなる
専門性・ターゲット・ファン化
当サロンのリピート率9割の理由

・本当の意味でお客様目線に立つ
店頭掃除・動線・配置

・戦略的なクチコミ促進術
値引きをしない・ターゲットを絞る

・お客様が心を開くタイミング


◆リピート率

・リピート率を上げることの大切さ
集客コスト、物販等の単価、スタッフのモチベーション

・リピート率を上げていくための手法
カルテの重要性
電話応対の重要性
リピート率を劇的に上げるたったの3文字

・満足度と信頼関係を高める
緊張と期待感
警戒心を安心感へ
コミュニケーションをとるべき場所

・感動接客
期待を上回る
お客様が来店する本当の目的

・人は忘れる生き物
忘れられないためのツール
サンキューレター注意点
ニュースレター注意点
ひと味違うポイントカード

誕生日ハガキのコツ

・特別メニューの提案
裏メニュー・限定メニュー

・回数券の活用

・次回予約(即約)

・確かな信頼関係を築く


◆客単価

・なぜ客単価が重要か
人数の限界・体力の限界・精神力の限界
顧客満足度の低下

・値上げをせずに客単価を上げる方法
松竹梅の法則
オプションメニューの充実
物販

・物販の可能性と成功のコツ
商品の見極め
実際に使用して結果を出す
POPを生かす
書き方のコツ
お客様の声・実例・キャッチコピー
貼る場所
個人サロンならではの出来ること

・えこひいきと切り捨て
えこひいきが必要なわけ
顧客満足度とクチコミ効果
経費と労力の削減
クレームやキャンセルの低下
物販の購買率の差
顧客管理でランク分け
2-8の法則
富裕層の心理
高級レストランと100円ショップ
下位顧客の切り捨て
薄利多売は成り立たない

◆来店頻度

・来店頻度マジック
たった2日の違いで年間売上100万円の違い

・メニューの見直し
適正来店サイクルの提案(施術効果の違い)

・チケットの活用

・期間限定メニューの活用

・フリーパス

・ポイントの新しい活用方法
ランクアップカード
離反率0%の魔法のポイントカード
ポイントラリー
リピート率や来店頻度だけでなく個人売上を上げる
お客様同士を戦わせる


◆客単価と来店頻度を同時に上げる方法

・片方が上がっても他が下がれば意味がない

・サラダバーと3色ボールペンの法則

・回数券が終わっても通い続けて下さる理由


◆毎月の売上を積み上げる

・売上は上がるもの
知識と経験の積み上げ
顧客の積み上げ

・物販は定期購入に移行する
お客様もスタッフも、人は飽きる
継続して売れる商品
物販から再来店へ
継続していただくコツ
手紙や粗品


◆お客様が本当に求めていること

・お客様は綺麗になりたいのではない

・お客様は痩せたいのでもない
痩せても痩せなくても5年以上ずっと通い続けて下さる本当の理由
本当に欲しいものを満たす

・すべてはお客様のために


◆うまく行くコツは全体感

・個々を真似るのではなく、全体の流れを真似る

・「出来ない」は思い込み

・将来の明確なビジョンを持つ


◆輝ける未来のために

・何よりも大切なもの


※当日は、DVDの撮影がはいります..セミナーの進行には影響ないと思われますが、あらかじめ
ご了承ください。


【講師紹介】向井邦雄 先生(むかいくにお)=リピートサロンコンサルタント

自らのサロン経営経験を赤裸々に、そしてリアリティ満載のノウハウとして紹介した

『お客様が、ず~と通いたくなる小さなサロンのつくりかた』著者

f0045769_19212117.jpg

[PR]
by libranatutherapy | 2011-10-21 19:21 | 日記
 
ハンドメイド石鹸マイスターの認定がはじまります
ハンドメイド石鹸マイスター協会(AMS)は、ハンドメイド石鹸マイスターの認定を始めました。

ハンドメイド石せんマイスター制度とは、、

1.石鹸作りを生活にねざした文化として広めるリーダーを認定する制度です。

2.技量やレベルを認定するのではなく、認定される資格は1つだけです。(何級とははないです)

3.苛性ソーダなどの劇薬を安全に使用、管理する知識を身につけ、簡単で楽しい手作り石鹸づくりをめざしています。

★ハンドメイド石けんマイスターになるには、どうしたらいいの?

1.先輩のマイスターのもとで14時間程度のマイスター養成講習を受け、推薦してもらうと、AMS(協会)主催の認定講習会に参加資格ができます。

2.3時間程度の認定講習会で、安全講習、法律講習を受けると認定されます。

★ハンドメイド石けんマイスターになったら何ができるの?

1.AMSが定める規定のマイスター講習を行うことができます。

2.その講習を修了した後輩のマイスターの推薦をすることができます。

★AMSの会費はいくら?認定にいくらかかるの?

1.年会費は1260円です。

2.認定講習会料6300円、認定証発行料2100円です。

3.その後は、毎年会費だけでOKです。


★AMSは、何をしてくれるの?

1.石鹸づくりの上級テクニックなど、楽しい講習会の情報が得られます。

2.会員同士の交流会が催されます。

3.石鹸コンテストなどのイベントがあります。


★既に、プロの講師として石鹸を教えているんですが、一から誰かに習う必要がありますか?


1.来月11月5日に大阪梅田で、マイスターの生みの親となってくれる先生向けの、先行認定の
講習会が開かれ、この講習に参加すると、第0期のマイスターとなることができます。

2.ライブラの生徒さんの中で、すでに石鹸作りで、2年以上のキャリアがあり、何度も作ったことのある人、先生をやっている人は、初代マイスターになることができます。

3.この講習会は、11月5日(土)13:00~17:00 場所は梅田近辺の会場です。

4.事前認定講習会料、認定料すべて込で、24150円です。

詳しくは、ライブラ香りの学校大阪校へお問い合わせください。

この、講習会はライブラ香りの学校卒業生、在校生のほか、カワチヤ食品のメルマガ購読者、AMS会員に広く開かれた講習会です。定員20名の先着順です。カワチヤのお客様もライブラ香りの学校大阪校にお申込みください。お申込み、お問い合わせはメールで。

school@libra-kobe.co.jp (電話でお話したい方もまずはメールで)
[PR]
by libranatutherapy | 2011-10-19 22:48 | 日記
 
ついに実現、夏目祭子先生の「聖なる性、セクシャルエナジー」のセミナー開催(芦屋校)
私たちは、いつの間にか、「性」を恥ずかしいもの、隠れた秘め事にしてしまった。
性=セックスは生命を生み出す、聖なる力に他ならない。
にも、かかわらずである。もし、性(セクシャリティ)が恥ずかしいものだとしたら、
私たちの存在そのものが恥ずかしいものになってしまう。

夏目祭子先生は、この「性(セクシャリティ)」を真正面から論じる、当代きっての論客で、
セクシャリティと、女性の性の商品化、そしてダイエットまでが、辱めの呪縛に縛られている
というユニークな視点のセミナーを全国で展開されています。

ライブラの女性たちへ、いやすべての女性、母であるあなたに贈りたい、
気づきと癒しのセミナーです。

> ************************
> ~2011年版アセンション記念セミナー~
>
> 「セクシャルエネルギーの美しさに目覚める」
>
> 私たちの生命力そのものである「性エネルギー」は、
> 遥かな過去の時代に、時の権力者によって封印され、
> 意味を歪められてきた歴史があります。
>
> 本来の性エネルギーとは、私たちの姿や生き方を美しくし、
> 聖なる次元にまで通じて運命を動かす力を秘めている、
> 天からの贈り物なのです。
>
> 私たちの誰にも内在するこの力の本当の意味を知り、
> 正しく活用するための体と心の使い方をお伝えしましょう。
>
> 《内容》
> ★性は「祈り」に似た行為
>
> ★性教育から抜き取られてきた「本当のこと」
>
> ★性エネルギーは世界を産み出す力
>
> ★人生を豊かにする性エネルギー交流のあり方
>
> ★男女の肉体の仕組みの素晴らしさ
>
> ☆快感腹式呼吸
>
> 【講師:夏目祭子(なつめ・まつりこ)プロフィール】
> 1964年生まれ。作家、心身機能研究家。特に「性」と「食」の真実の仕組みの解明

> 得意分野とする。1999年、ダイエット依存症克服体験を描いた自伝小説『ダイエッ

> 破り!』(河出書房新社)でデビュー。
> 「魂に響く性教育」語り部として、2002年より講演活動を開始。世界エイズデー、

> 護学校、看護師研修会、教育委員会、私立女子校などにも招かれる。
> 「快食美カウンセラー」として、食と体型に悩む人々のサポートを行い、多くのダ

> エッター、摂食障害経験者、医師・セラピストから支持されている。
> 主な著書に『なぜ性の真実「セクシャルパワー」は封印され続けるのか』(ヒカル

> ンド)、『ダイエットやめたらヤセちゃった』(彩雲出版)、『知的アンチダイ
エッ
> ト生活』(新潮社)、『食欲フリーDiet─カラダの声を聞いてキレイになる』
(WAVE
> 出版)、精神科医との共編著に『依存症の真相』(ヴォイス)がある。
> ブログ:「夏目祭子の《快食美とセクシャル・ハーモニー》」
> http://ameblo.jp/matsulico01/
f0045769_1023995.jpg

ライブラ香りの学校芦屋校
2011年10月30日(日)10:00~13:00 (懇親会:13:00~14:00)

ライブラ香りの学校芦屋校は、六甲山国立公園の森の中にある静かな山荘です。
森の精気と水の浄化力を存分に吸えるピースフルな空間で、聖なる性=セクシャリティについて
静かに思いをめぐらせてみませんか?作家である夏目祭子先生をお招きする知的な時間を
お過ごしください。

講座のうち2時間は、講演(座学)、1時間はボディワーク(簡単な体操)です。
動きやすい服装でお越しください。

【会場】
ライブラ香りの学校芦屋ウォータームーンスパ: 兵庫県芦屋市奥池町16-6
JR芦屋駅より阪急バス「有馬温泉行」に乗り20分
(お申込みいただいた方に詳しい案内をさせていただきます)

【受講料】 ¥6500

【懇親会】軽食を取りながら、先生との交流、名刺交換の懇親会をいたします。(別途1500円)


【お申込み先】ライブラ香りの学校大阪校 06-6343-2215
 school@libra-kobe.co.jp
[PR]
by libranatutherapy | 2011-10-06 10:23 | 日記
 
乳房研究会(京都)主催講演会のお知らせ 
あの、下着メーカーワコールが音頭をとっておられる「乳房研究会」の講演会が
以下のように開催されます。

セラピストとしてとても興味深いと思います。

講師とテーマ:『母乳でつなぐ命 Part1』 
災害支援と母乳の安全性放射能の影響。母乳を守り、母体を守り、授乳を守る。
そして次の世代にどうつないでいくのか。
講師(敬称略):
里見孝弘医師(福島県保険衛生協会):実際に被災した住民の立場からの育児
井口優子医師(井口小児科内科医院):避難所の聞き取り調査から・・今後の災害に備えて
大江与喜子医師(医療法人財団 樹徳会 上ヶ原病院院長):地域医療に携わる医師の立場から。
※申し訳ありませんが、会社ですので、お子様はご遠慮ください。

行きたい方は、info@libra-kobe.co.jp まで、10日までにお知らせください。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-10-01 19:13 | 日記
 
お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方
今日は【お客様がずっと通いたくなる小さなサロンのつくり方-エステ・アロマ・ネイルの癒しサロンをはじめよう- (DO BOOKS)】 の著者、向井邦雄さんと新宿3丁目のイタリアンで、ランチミーティングをしました。(といても、割り勘で800円ですが)
向井先生は、ライブラ東京校卒業生の奥様とともに、ベッド数2つの小さなサロンをフル稼働させて、新規のお客さまがとれないという繁盛サロンを経営されています。
経営の楽屋裏の話をブログに掲載していたところ、反響をよび、本の出版につながったそうです。

今日は、ライブラ出身のセラピストたちのために、小さくても繁盛するサロンのフランチャイズをはじめようかと、2人で大盛り上がりしました。サロンやってるけど運営の苦しい人、これからやりたくても勇気が出ない人、一度挫折してやめてしまったけど夢をあきらめられない人。

繁盛サロンは夢ではない。向井先生が熱く語ってくれました。

f0045769_21534512.jpg

[PR]
by libranatutherapy | 2011-09-30 21:53 | 日記
 
いつまでも、美しい髪でいたい!そんな願いを叶えるセミナー。開催です。
作り物ではない、本来の内側から輝くしなやかで美しい髪はすべての年代の女性にとって憧れの姿です。
今の自分の髪は理想の何%ですか・・??

ヘアダイやパーマ、白髪染め、紫外線やシャンプーなどで髪は日々闘っています。
余計なものをとりはらい、自分の髪を美しく健康的に再生させてみませんか。

長年髪に向き合ってきた講師をお招きし、「髪の再生・復活」のアドバイスを聞いてみましょう!


【美髪再生】講座概要

講師:塩田 鹿納命(かなめ) 先生
東京南青山でサロンを営業、パーマ、ヘアダイを最小限に抑え、素材を生かしたヘアスタイルを目指し、植物染料“ヘンナ”の研究・開発に取り組む。その後も全国各地で講習会を開き、ヘンナに普及に貢献している。

10/11(火) 15:00~18:00
3,675円(税込)
塩田氏著「美髪再生」書籍が特典として付いてきます。

お申込・お問い合わせは福岡校 092-741-4499まで
[PR]
by libranatutherapy | 2011-09-22 14:29 | 日記
 
漢方薬膳、燃えカレーの、朝比奈先生に会いました
漢方って、敷居がたかい。そんなイメージを払しょくする、朝比奈先生と昨日、お食事をさせていただきました。陰陽五行説の話で大盛り上がりしました。
陰陽五行って、東洋医学の基本だって皆さんもご存じと思います。でも、東洋人である私たちも、実は知らないことも多いですよね。その陰陽五行を、食べ物、体質、性格、、、いろいろに展開して、恋愛論まで応用できるんですね。この面白東洋哲学を、ライブラでも御講演いただこうと企画しています。期待してお待ちください。目からうろこの私を発見できるかもしれません。

f0045769_933986.jpg


朝比奈千穂先生の本、「燃えカレー」代謝を上げる!家庭で出来る薬膳レシピ(世界文化社)

この本の著者、朝比奈先生の、漢方薬膳講座をお楽しみに。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-09-14 09:05 | 日記
 
「性に秘められたる超スピリチュアルパワー」夏目祭子さんについて
この本、徳間書店の発行する五次元文庫の1冊です。とても、ショッキングなタイトルで、本屋で買うにも恥ずかしい。。という感じがするタイトルです。でも、この性=恥ずかしいというのが、日本人に植えつけられた刷り込みだと主張するのが、夏目さんの論点なのです。
私は3年ほど前この本と出合い、性(セクシャリティ)をこれほどまでに冷静に、歴史背景をしっかり見据えて書かれた本はほかにないと思いました。そして、私と同じくらいの年齢の女性の著作としり、「なんて深い洞察と教養にあふれた人なのだろう、会いたいな」と、思い続けてきました。しかも、私とそう変わらない年齢のようで、たぶんものすごい才女なのだろうと、内心恋心にもにた憧れの気持ちを秘めていました。まるで、秀才にあこがれる女学生のような気持ちでした。

日本人は性というものを、オープンには論じない国民性で、しかもセックスは隠れてするものとして抑圧してきました。イタリア男のように、ナンパして口説く技術を身につけることよりも、お金で性を買う性風俗を発達させてきたのです。

私は、ある意味、イタリア男が健全で、日本男児は表面的には強がっているものの内心は恋もできない小心者なのではないか、自己反省も含め考えるようになりました。

そのくせ、ポケベルは援助交際、携帯は不倫の道具として、いつも日本の経済には性的なエネルギーを利用してきたきらいがあります。

私たちは、性というパンドラの箱を解放し、性を商品化する社会を改め、恋愛を楽しめる大人の社会を目指すべきではないかと、夏目さんのこの本を読んで感じていました。

夏目祭子さんは、そのほか、ダイエットの本も書かれていますが、これも日本の女性に潜む、食にたいする刷り込みや罪悪感など、国民的な深層心理への洞察があり、関心させられます。

ぜひ、一度、夏目さんの本を読んでみてください。男女関係や、恋愛、ダイエットに対して見方が180度変わること間違いなしです。


f0045769_183391.jpg

「性に秘められたる超スピリチュアルパワー」五次元文庫


f0045769_18333955.jpg


「食欲フリーダイエット」


この夏目祭子さんのダイエットやセクシャリティに関するセミナーやワークショップをライブラ香りの学校で開催することになりそうです。皆さま、前知識としてぜひ本を読んでみてくださいね。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-09-04 18:35 | 日記