ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
カテゴリ:日記( 150 )
 
仕事は社会のために
震災の日、私は渋谷で地震に遭い、そのあと営業に行った代々木から歩いて自宅に向かっていました。
「トイレをお使いください」と書いた紙を張り出すフレンチレストランを見つけて、少しホッとしました。

ハンバーガーショップの前を通ると、「安全確認のためしばらく閉店しています」でした。

そのほか、有名なコーヒーショップチェーンは「本日は閉店しました」でした。


日が暮れて暗くなり、青山通りを大勢の人と歩きました。暗い街の中で、オアシスに思えたのはコンビニでした。

地下鉄の駅はトイレを開放していました。

そのほか牛丼屋、立ち食い蕎麦屋など日本の会社は営業していて、外国ブランドのファストフードはなんとすべて閉店でした。

歩いて帰る人の空腹を満たし、休憩のイスを用意して、お客様を迎えていたのはすべて「日本ブランド」でした。

こんなときにこそ暗い夜道を照らし、温かい飲み物を提供し、一休みの座席を提供していたお店たちに、経営する者の心意気をみたようにおもいます。

銀座3丁目、昭和通り沿いにあるNew Yorkers Caféも営業して多くの人々の疲れを癒していました。
この喫茶店はルノワールがやっておられるのですが、他のルノワールもすべて営業していました。

ルノワールはレトロな喫茶店、フルサービスの喫茶店として東京の方々には有名です。

この震災経験を機にますます好きになりました。

仕事には社会的な使命がある。

災害の時、リスクを恐れて仕事を放棄するか、リスクを覚悟で人の役に立とうするか。

被災地で救助に当たる人々以外にも24時間操業で、ラーメンや電池を作っている人、トラックを走らせている人がいます。

危険な地域に飛び込んでいく人もいます。

リスクを回避し逃げ惑うだけでなく、リスクに立ち向かいマネージメントするものだとおおいます。

大阪のFM802は直後からも、通常のラジオ放送を続けていますが、かける曲を前向きで、温かい歌詞のものを集めています。
地震情報ばかりでは、気持ちが沈んでしまうと、前向きで温かい曲を流し続けているのです。

こんなときに、音楽かよ!って怒るひともいるかもしれないのに、彼らの信念にしたがって音楽をながしつづています。

今は、ネットラジオ「Radico」を通じて、FM802は被災地の人々にも届いています。

被災地の方々の元気の素になるといいですね。

皆が自分の持ち場で元気に社会に向かって役割を果たそうではありませんか。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-03-18 08:52 | 日記
 
日本人は素晴らしい
いまは、原子力発電所の災害が進行形でまだまだ不安が残ります。

自衛隊や警察、消防、原発関係者の皆さんは、多くの人の命を守るために、命がけで作業されており、まるで戦地に向かう兵士のようにご立派とおもいます。後遺症などがないことをただ祈るばかりです。

それにしても、日本人は美しく素晴らしい人たちの集まりですね。どんな時も暴動や略奪なんて全く起こらない。

これは世界に誇れる日本人の美徳としてもっと世界中の人々に理解してほしいです。


世界中からいろいろな支援の申し出でが届いています。世界中の人々が日本に注目していますが、

戦いや争いを好まない日本人の気質も理解されるとうれしいです。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-03-18 08:48 | 日記
 
ペイ.フォワード
346abbeyさんの、ペイフォワードをみて、思い出しました。
2001年公開の地味なハリウッド映画、でもすごく泣ける、「ペイフォワード可能の王国」をおもいだしました。

ある中学生のクラスで、新任の社会科の先生が生徒たちに問いかける。「もし、君たちが世界を変えたいと思ったら何をする?」。生徒のひとり、トレバーは、シンプルだけどユニークなひとつのアイディアを思いつく。それは、困っている人がいたら助けてあげるという簡単なこと。ただし、助けられた人は、3人の困っている人を助けてあげること。こうすれば善意の輪が広がって、いつしか世界中が平和になるというものでした。

あとは、レンタルか何かでみてくださいね。

誰かに助けてもらったとき、その人に恩返しするのではなく、
ほかの困ってる人を助けるというもの。
純粋な少年の心に、感動します。
是非ご覧ください。親子の関係もペイフォワードかもしれませんね。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-01-23 17:20 | 日記
 
LOVE in ICE
ウイスキーグラスの中に浮かぶ「愛」。LOVE IN ICE。

f0045769_23281841.jpg



新年早々、縁起のいい事件がおこりました。

昨夜、銀座のカウンターバーで飲んでいた時のこと、ろうそくの明かりに照らされたグラスの中の

氷を見てびっくり。なんと、氷の中にハートが浮き出しているではありませんか。

5cmほどある大きめのアイスキューブに、わずかな亀裂が生じ、描き出されたハートです。

その時、私はいつもになく落ち込んでいて、世も終わりかと思っているほどのあり様。

そこへ、この縁起のいい事件が発生したのです。天使のメッセージ? 吉兆? いずれにしても

とてもミステリアスで、縁起のいい写真です。

どうぞ、この写真を皆さんの大切な友だちに送ってあげてください。

この幸せを独り占めするんじゃなくて、皆んなに広めたいとおもいます。

幸せは、ひとつあったとして、2人で分けても半分にならないよね。

2人で分けたら2倍になるんだ。

3人で分けたら3倍。4人で分けたら4倍。5人でわけたら5倍。千人に分けたら千倍。。

だから、皆にわけてあげてください。

この素晴らしい、エンジェルからのメッセージ。

分けてあげようとおもうあなたの心は愛でいっぱい。誰かを喜ばそうという気持ちが愛ですよね。

著作権フリーを宣言します。とにかく、いっぱい皆におくってあげてください。

f0045769_23424260.jpg


さあ、あなたのハートが愛でいっぱいになりますように。

LOVE ちゅーにゅー!!!
[PR]
by libranatutherapy | 2011-01-07 23:21 | 日記
 
あけましておめでとうございます
2011年が始まりました。今年はマスコミも前向きなメッセージが多くなっているように思い、なんとなく、明るい年になりそうです。

年末年始といえば、色々なスポーツイベントがありますね。駅伝とか、サッカーとか、ラグビーとか。。。

そう、昨日1月1日、花園ラグビー場にいってまいりました。

一昨年は、高校野球で母校、関西学院が甲子園に出場し私的にはとてもうれしかったのですが、今年は年始、花園の高校ラグビー全国大会に、関西学院が出場しベスト8になっています。

明日3日には準々決勝です。

ラグビーは他のスポーツに比べマイナーなので、準決勝からしかTV中継がなく、リアルタイムに試合を見るには、会場に足を運ばなければなりません。

いまでは、阪神電車が、神戸ー奈良間を結んでいて、ずいぶん花園も近くなりました。

花園はあの、人工衛星 「まいど1号」で有名になった関西のテクノロジーを支える、
職人さんの町、東大阪市にあります。

紅白歌合戦で、嵐が、日本の伝統技術の紹介をやっていましたが、

伝統技術は、後継者の若者がいないのが問題なのかというと、そうでは無いように思います。

各地で遊園地が無くなっていくのも、古きよきものが無くなっていくのも、

結局利用者、購買者がいなくなっているからではないでしょうか?

そして、いざなくなると聞くと、それを惜しんで多くの人が押し掛けるのは、

どこか違うと思うのです。

最近、ブームになっている「断捨離」という本があります。

ガラクタを捨てて、あなたにふさわしいものだけを身近に置くと、人生が変わる!っていう

そんな話です。

この数年間、デフレで、皆が安いものばかりを身につけ、身の回りに置くということが増えていませんか、。。気がつけば、着ない服、履かない靴、雑誌の付録のバック、清涼飲料のおまけ、。。。

それらはあなたにふさわしいものでしょうか?

いいもの見つけだして、いいものを買い、いいものだけを身近におくと、生活が豊かに変わってきます。

すると、それが、伝統を守る人々や、厳しい修行を積んだ職人さんたちに仕事をもたらし、

伝統技術が守られていくことにつながるのだとおもいます。

安さだけでない、本物を探すこと。。。それは自分自身の素晴らしさを再発見することにも通じることでしょう。

あなたは、そんな安い人じゃないですよね。

明るい、この一年を期待して、こころ豊かな1年にしたいですね。

今年もよろしくおねがいいたします。




[PR]
by libranatutherapy | 2011-01-02 23:29 | 日記
 
皆さま今年もありがとうございました
今日は何曜日?と、言う感じで街は年末色に染まっています。
去年より人も元気、街も元気な感じがするのは私だけではないでしょう。
百貨店の売上も前年より良くなっていると聞きます。
私は今年歳男の寅年だったので、一種の厄年だったのですが、間もなく厄もあけそうです。
厄年とか、なんとかいう習慣は、正式には節分過ぎて旧正月になるという考えもありますが、
まあ、間もなくあけるということには変わりないとおもっています。

今年は、神戸、大阪、京都のミシュランが発売されました。

ライブラが有馬でお世話になっている、御所別所は旅館部門5つ星?(5つ屋根)+がつきました。

有馬のビーアイのスタッフもお正月返上で頑張っていますので是非のぞいてみてください。

ほか、お正月の営業についての案内ですが、

(1)東京汐留マンダラスパ、有馬温泉ビーアイは、年内正月無休

(2)ヒルトンプラザウエスト(大阪)、神戸大丸のショップは31日は18:00まで正月は2日から

(3)西宮商品センターほかの事務所は、昨日最終で、お正月は5日から


それから、来年ライブラ初のテレビショッピングが関西で放映されます。

関西テレビの「ハイヒールりんご&ももこの真夜中市場」です。収録は年内に終わり、
1月21日(金)深夜の放映を待つのみです。

関西の方、是非ご覧になってくださいね。

今年も皆さまに大変お世話になりました。

来年もよろしくおねがいいたします。
[PR]
by libranatutherapy | 2010-12-30 17:15 | 日記
 
謎の発光雲現象(大阪7月16日)
7月16日夜、大阪でみられた謎の発光雲現象です。当日の夜は、夕月(月は三日月程度で、夕方西の空に見える)でしたので、その雲の後ろには月はありません。にもかかわらず、満月でもあるかの明るさで、雲の中心が白く光っています。また、周りの雲の後ろは、夕焼けのように赤くなっていました。阪神淡路大震災の前夜、雲が異常に発光したことが、多くの人に目撃されており、気象庁は、この現象を、地震のエネルギーがたまって、摩擦による静電気が発生、それが、雲をイオン化させ発光させたのではないかとのコメントを出しました。昨夜もそれに近い現象がみられたので、もしや大地震???と心配したのですが、何事もなく朝を迎えられてよかったです。
何とも、不思議な光る雲現象です。携帯カメラの画像ですので、不鮮明ですが、発光状況はおわかりいただけるとおもいます。
みなさんも、
f0045769_11261489.jpg
梅雨空のミステリーに思いをはせてみてください。
[PR]
by libranatutherapy | 2010-07-17 11:26 | 日記
 
日本の巡礼
もともと、日本には宗教らしい宗教がなく、自然神を崇め尊敬していたそうです。
アミニズムですよね。
アミニズム、、、私は素朴で、直観的で、理屈っぽくなく思えて、とっても好きです。
大きな山や川、木や岩などの自然物にパワーを感じてそれを拝む。。。シンプルそのものですね。
今、流行りのパワースポットというのは、そんな素朴なパワーを感じることができる、
シンプルな自然信仰の現代風のアミニズムなのだと思うのは私だけでしょうか?

さて、日本の巡礼ですが、日本で巡礼といえば、お伊勢さんと熊野詣でが有名です。
和歌山県の熊野は、もっとも古い巡礼地です。
もともと、熊野には、川を信仰の対象とした熊野本宮大社、山の上の岩(神倉山)への信仰を起源とする熊野速玉大社(新宮)、那智の滝を信仰の対象とした熊野那智大社がありました。

その御神体である自然、自然神は、宇宙のエネルギー体であり、目には見えません。
ところが、信仰をわかりやすくするするため、当時隆盛を極めていた仏教の如来たちを割り当てるということが行われたのです。これを本地垂迹(ほんじすいじゃく)説といいます。

神は目に見えないので、仏様の姿を借りてこの世の民の前に現れた。。または、神の本体は仏であって、両者は同じものだ。。という考え方です。
また、自然神信仰の神様には、言葉で書かれた教義がないために、仏教からそれを拝借したともいわれます。このような状態を神(仏)が仏(神)の姿で現れたの意味で、権現といいます。
これらを習合神(しゅうごうしん)といい、神と仏が一つに祭られるの神仏習合です。

熊野は、平安時代から鎌倉時代に流行した浄土宗の聖地として、「浄土は熊野にあり」といわれ、極楽浄土を求めた巡礼者が列をなしたほどで、天皇や上皇ら身分の高い人々や一般庶民にいたるまで皆熊野を目指したと伝えられています。

熊野詣での街道、熊野古道は、現在の大阪天満橋近くの大阪城の堀にかかる「京橋」(JR京橋ではなく、現日本経済新聞社およびテレビ大阪付近)を起点となっておりました。
とおく、1000年以上昔の巡礼者は何を思い、この京橋を旅立ったのしょうね。
苦しく、辛い毎日を忍び、死後の浄土に入ることを夢見た人々はいかなる人々であったのでしょう。



f0045769_1352791.jpg


↑ 熊野川、音無川、岩田川の3つ川の合流点の中州にある熊野本宮大社が元あった場所。(明治の水害後、山の上に移され、現在は山の上にあるが、この中州にも大きな鳥居が立っている)

f0045769_1425572.jpg

↑神倉山にある、御神体の岩=熊野速玉大社のもともとの姿といわれる
[PR]
by libranatutherapy | 2010-07-14 01:46 | 日記
 
巡礼地は遠く彼方に、、、
キリスト教の巡礼地は、いろいろあります。この前に紹介させていただきたモンサンミッシェル、
ローマバチカン、ルルド(これも紹介しました)など、いろいろです。

こんな素朴な疑問。。「巡礼地の近くに住んでいる人は楽に行けるんじゃないかな?」
そうです。楽に行けそうですね。ところが違います。
たとえばモンサンミッシェルの近くに住む人は、そこには巡礼にいかないのです。

教会に通う信徒たちは、地域ごとに巡礼地が決められていて、たいていは遠くの巡礼地が指定されていたそうです。自分で決めていたわけではないのですね。
[PR]
by libranatutherapy | 2010-07-10 10:47 | 日記
 
国際化粧品開発展にいってきました
6月30日から本日17:00まで、東京ビックサイトで開催中の国際化粧品開発展にいってきました。ライブラの取引先の容器会社さんや、製造委託の会社を回ってきました。どこの会社も社長みずから店頭にたってらっしゃいました。
[PR]
by libranatutherapy | 2010-07-02 11:33 | 日記