ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
カテゴリ:林の講座案内( 15 )
 
メディカルアロマセラピーに興味のある人必見です「ピエール・フランコム博士講演会」
【6月27日(土)フランスアロマセラピーの巨匠 ピエール・フランコム氏来日講演および、総会・学術会議開催のお知らせ】
日時: 2015年6月27日(土) 9:30~16:30
場所:梅田スカイビル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一部: ISA会員総会 
「REFOMED(リフォメッド)とISAのパートナーシップについて」
9:30~10:30 公開イベント:参加無料 定員50名


昨年から準備が進められているEUのメディカルアロマセラピー資格制度があるのをご存知だろうか? その名はピエール・フランコム博士らが先導するREFORMED (リフォーメッド)。このREFORMEDとISAは、提携することが、2月27日のREFORMED総会で可決された。ISAもこのカリキュラム作りに参加。医師向け、医療従事者向け、一般向けの3つの資格となる見込みである。いよいよ、メディカルアロマセラピーの国際資格制度へ向けて一歩を踏み出した。このあたりの、情報をいち早く会員のみなさんにお伝えします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二部:学術会議 :「クラリーセージは本当に女性ホルモン様作用があるのか?」
11:00~13:00パネルディスカッション形式。定員50名 
参加費:会員無料、会員外税込1000円

アロマセラピー精油の薬理作用って、本当にあるのか? あるといっている人々は、何を根拠にいっているのでしょうか?

今回は、いままでほとんど触れられなかった、アロマセラピーの効果について、その学術研究の信ぴょう性について、ズバッと切り込みます。ある意味、だれも語らなかったタブーに挑戦する会議となるでしょう。

このイベントは、講師のいる講演会ではなく、パネルディスカッションの形式をとり、司会者が発題しそれについてパネラーがディスカッションします。予定調和の落としどころなど、はじめから無い、会議ですので何が飛び出すやら、こうご期待です。

パネラーには、当研究所所長の田代眞一先生が登壇予定です。。
-----------------------

第三部: 記念講演 ピエール・フランコム博士「マダカスカルにおける植物療法の挑戦」
14:30~16:30 
定員100名 参加費:会員税込5000円、会員外税込8000円 

フランスアロマセラピー学派の巨匠、ピエールフランコム氏による講演会です。彼は、アフリカの東海上に浮かぶ島、マダカスカル島の貧しい子供達のために、自然療法で治療する小児医療センターを開設されています。その小児医療センターでは、植物療法を学ぶ医師、看護師など100名を超える医療スタッフが常駐しており、政府の医療援助の一環として行われています。ここでの臨床症例や治療例に基づく研究を、ピエール・フランコム博士ご本人から聞ける滅多にない講演会です
[PR]
by libranatutherapy | 2015-03-08 00:55 | 林の講座案内
 
アロマ心理カウンセラー養成コースが開講します。
アロマセラピストの授業のときに、「心理学に興味が出た。もっと勉強してみたい」という声が以前よりとても多いです。というか、step3の受講生の大部分といった方が正確でした。
そして、通信制大学の心理学講座をやってみた。。。とかいう声もしばしば。ところが、ライブラでやったような内容じゃなかった。。。という声も多い。
そうなんです。一般的に「心理学」と「セラピー」は、近いものと考えられがちですが、学問としての心理学はとても実験的、統計学的な自然科学的なアプローチが多く、カウンセリングや臨床を目的としている臨床心理学でさえ学問としての手法を踏んでいます。

実は、多くの方がイメージする心理学とは、「心理療法」「心理セラピー」のことなのです。

この方法論は、精神医学者フロイトやユング、ロジャースなどの精神分析学の分野の学者が広めたもので、実は、Psycology「心理学」の父、ブントに始まるアカデミック心理学の学者たちとは、深い溝のある分野です。

またミルトン・エリクソンの催眠療法やバージニア・サティアの家族療法、フレデリック・パールズのゲシュタルト療法、ブライアン・ワイスの前世療法などは、独特の路線をいっています。

また、優れたセラピストの研究からはじまったNLP(神経言語プログラミング)はいま、コーチングの世界で大人気ですが、これも大学の研究では取り扱われていません。

結論から言えば、学者がしている学問と、セラピストがしている療法が、別物であるということです。

私は、アロマセラピストなど、セラピーの専門家にとって、使える心理セラピーをあつめて、講座をつくりたいとおもっていましたが、このたび、とうとう開講する運びとなりました。

「アロマ心理カウンセラー養成コース」です。

深層心理、ヒプノセラピー、NLP、ロジャース法、家族療法などのエッセンスを集めた盛りだくさんの内容です。

いままでに例のない講座ですが、その一部を単発で行っていた授業にでて「人生がかわった」と、いう村山亜希子さんが、以下のように推薦文を実名で寄せてくれています。私にとってとてもうれしいことです。

 『アロマ心理カウンセラー養成コース』推薦文    ライブラ卒業生  村山亜希子

 「願えば叶う」「しあわせになる」「美人になる」
林先生の講座はそんな魔法を教えてくださるものばかりです!
 「努力でしあわせにはなれません。苦労した分しあわせになるわけでもありません。
苦労した時に、まわりの人たちへ、そして自分にどれだけ感謝できたかによってそれからの
人生がしあわせになるのです」
 この言葉はとても心に響きました。
 また、とてもつらいときはポジティブな言葉や行いを心がけるべきだと思い込んでいた私に、
「つらいとき、悲しいときは泣くのが一番ですよ。映画を観たり、音楽かけたり、何かでわざと泣けるシチュエーションを作って泣くと、つらさや悲しみが流れていきますよ。」
 この言葉もまたなんて優しい。
 つらい自分も悲しい自分も、どんな自分もそのまま見守って優しく包んであげればいいのだと
思いました。
 さまざまな講座を受けた中で印象深かったのが、ヒプノセラピーの講座でエンプティチェアを体験させていただいたことです。
 そのころ自分を見失っていた時期でした。
 今までヒプノセラピーを見る側に立ったことはありましたが、半ば嘘じゃないかな?と疑っていました。
 でも、実際に体験してみると、何個かの椅子を自分の中の一部の人格とみなし、そこから一つの椅子に
まとまっていくことで、最後は自分を無意識の潜在レベルから肯定し、自分を取り戻したのです。
 とても不思議な体験で、見ていた方は感動して泣いてらっしゃいました。
 授業では癒えるとは自動詞で自分自身で自分を癒すことだと教わりました。
 でも、自分の力だけではどうしようもないときがあります。
 最後は自分の力であっても、少し手助けやきっかけがあるとスーっと良い方向へ行くことがあります。
 アロマセラピストはその自ら癒えるサポートをする存在なのだと気づかされました。
 私の夢はアロマの講師になってたくさんの人たちとワクワク楽しい時間を過ごすことでした。
 そしてその夢は叶い、セラピストにまでは到底なれると思っていませんでしたが、林先生の講座を受けていくうちにだんだんと、やれるかも、やってみようかな、と少しずつ後押しされて、今では自宅で開業して
アロマサロンを開くまでになりました。これは、林先生の夢と希望に溢れたユニークで面白いお話を聞くことで明るい未来へつながっていったのではないかと思います。
ライブラに入ってから「しあわせだなぁ」と感じる時間がどんどん増えていき、今も日々しあわせを
感じています。心理学というと少し暗いイメージをされる方もいらっしゃるかもしれませんが、林先生の心理学はとにかく面白くて楽しい!!!です。是非この講座を受けてみなさんもハッピーになりましょう♪
そしてそのしあわせをまわりに振りまいてより一層ハッピーを引き寄せましょう♪


ありがとー!!村山さん。

さて、この講座は、東京、大阪、福岡のライブラ各校で開講がきまっています。
他の拠点でも、随時開講予定です。

もちろん、担当講師は、全部 私(林)です。

詳しくはライブラ香りの学校 ホームページへ www.libra-kobe.co.jp
[PR]
by libranatutherapy | 2011-12-18 10:51 | 林の講座案内
 
本日、10月14日(土)林伸光「アロマの道」仙台講演会
仙台のKaorieさん(東京校卒業生のアロマスクール)のお招きで、本日仙台市内で、講演会をいたします。お題は、「アロマの道」です。

ちょっと、演歌っぽい題目ですが、アロマを学ぶことの意義、資格は役に立つか?
資格をとったけど、何かこれを活かせないか?

いま、アロマ界が直面する問題点、そしてその未来への展望、夢。。。

私は、4000人もの同窓生を持つライブラの校長の責任として、
アロマを学び資格を取った生徒さんたちに、新たな夢を提供したい。という、私の夢を語ろうと思います。

今からでも、いらしてください。 13:30~15:45 仙台市内中心部でおこないます。

お近くの方、土曜日の昼さがり、私に会いにきてくださいませんか?

ご希望の方、お問い合わせは? hayashi@libra-kobe.co.jp

まで、ご連絡ください。スグにお返事いたします。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-10-15 07:24 | 林の講座案内
 
中国地方の方!お待たせしました。フェイブエレメンツ(五行)によるエッセンシャルオイルブレンディング
陰陽五行説を、英語ではファイブエレメンツと言います。東洋人でありながら、あまり知らない世界、陰陽五行の世界に、皆さまを誘います。この講座は、いままでの物とは一味もふた味も違う、直観と、自然調和の世界を解いていくセミナーです。
自然の調和の声に耳を澄まして、自然からの恵みエッセンシャルオイルを使いこなす秘術を、コッソリお教えします。

講師:ライブラ香りの学校 校長 林 伸光

於いて:ライブラ香りの学校 岡山校  10月9日(日)15:00~16:30


詳しくは、岡山校  info@rishece.jp まで。13:00から岡山校同窓会もあります。

東京、大阪、名古屋、福岡でも開催を検討中です。ご心配なく。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-09-22 15:53 | 林の講座案内
 
9月17日(土)は東京校の小竹向原移転グランドオープン。林の香水講座と軽いパーティがあります。
もうすでに、9月より小竹向原の教室の授業もプレオープンとして始まっています。
渋谷とはうってかわって、緑の多い静かな住宅地の教室、そして駅からも近く案外便利なので、ご好評をいただいています。
さて、その小竹向原の東京校のグランドオープンが、9月17日(土)に迫っています。
まず、第一のイベントは、私(林)の、オーガニック香水講座。朝9時30分~13:30。そして、夕方19:00~21:00は、軽食とドリンクのささやかなパーティ。私と安藤が男芸者となって御接待させていただきます。(笑)

オーガニック香水講座 9:30~13:30 ¥20000 東京校(小竹向原)

※となたでもご参加いただけます。

香水の歴史、ブレンドに関するウンチク(理屈)。香りの表現など、香り作りのプロの知識を学んだあと、伝統的香調である、シプレ調とフゼア調のアコードを学びそれぞれをコロンに仕上げます。
最後は、自分オリジナルのコロン作りをして、香りコンテストをして盛り上がります。
お持ち帰り品は、3つのコロン、、、そして、目玉プレゼントに、非売品のムスク香料(合成)がお持ち帰りいただけます。買いたくても買えない、上質なムスク香料をつかうと、とろけるような香りに仕上がります。


グランドオープン記念、、ささやかなパーティ 19:00~21:00 東京校(小竹向原) ¥無料

※こちらはライブラ香りの学校関係者のみのイベントです。

ほんとにささやかなのですが、久しぶりに級友とつれだって、林や安藤の顔を見に来てもらえませんか。(原田先生や森口先生にもお声掛けしていますが、まだ未定です。)
軽い食事と軽い口触りのワインなどを用意して、お待ちしています。

以上。お申込みは 東京校 school-t@libra-kobe.co.jp まで。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-09-11 09:49 | 林の講座案内
 
植物油と苛性ソーダをつかって作るソーパーズソープ(手作り石鹸)講座
これもまたお知らせが遅くなりましたが、14日(日)、待望のソーパーズソープ作りの講座が大阪校であります。
オリーブオイルをベースとして、アプリコットカーネル油などを絶妙にブレンドした植物油を使い、苛性ソーダを混合して作ります。一般に、手作り石鹸づくりというと、白い石鹸素地とアロマを混ぜて固めるというのが主流ですが、これは全く違って素地(生地)そのものを最初から作るという本格的なもの。また、このこの秋から募集されるハンドメイド石鹸マイスター協会の認定マイスターになるための14時間の学習の一部として認定される講座です。石鹸そのもの、石鹸の資格に興味のある方はぜひ、ご参加ください。

場所:大阪校
時間:14日(日)12:00~16:00
残席残りわずか2席 受講料16000円
[PR]
by libranatutherapy | 2011-08-12 10:33 | 林の講座案内
 
アロマでつくるオーガニック香水作り講座、非売品:ホワイトムスク付き
お知らせが遅くなりましたが、明日13日(土)、12:00~16:00で、香水作り講座を開催します。
アロマテラピーの精油をブレンドするトリートメントオイル作りや、ルームスプレーや石鹸を作る時の香りの使い方などに応用できる講座です。
また、今回参加者限定で、ホワイトムスク(合成)が付いています。ムスクは動物香料なので、動物をいじめるよりは、合成のほうが平和的だと考え、ライブラでは、ムスクについては合成で対応しています。その門外不出のホワイトムスクが、もれなくついてきます。すごく、レアな特典です。もちろん、作った香水はお持ち帰りいただけます。3つつくるので、自分用、彼氏用、お母さん用など、プレゼントにもなりますね。

セミナーの内容

1.香水の歴史と、歴史に残る名香水・・・世界初の合成香料100%シャネルNo.5など

2.香りの表現法 音楽になぞらえる香りの表現法、ノート、アコードについて

3.精油を嗅いで、しっかり覚えよう

4.香水のブレンドのコツ、、、3つのノートを上手く組み合わせる

5.香水づくりに挑戦! 3種類の香水作り

6.アロマテラピーにおける用途別ブレンド術

などです。受講料20000円です。

あと、2席ほど入れます。お急ぎください。


場所は、西梅田のライブラ香りの学校大阪校です。

御予約は ライブラ香りの学校大阪校 06-6343-2215 までお電話を。
[PR]
by libranatutherapy | 2011-08-12 10:12 | 林の講座案内
 
英国IFA認定アロマセラピストコース本日開講!!
本日、大阪校で、英国IFA認定、クリニカルアロマセラピストコース 10月26日開講(火曜日)が開講しました。

すごく、盛り上がって楽しいクラスでした。

すでに開業している方2名、岡山から新幹線で2名、名古屋から1名、大阪から3名と、多彩なメンバーでスタートしました。

え、、、!!!出遅れた方???


大丈夫です。11月14日開講クラス(日曜日クラス)が残ってますよ。
でも、、あと、定員まで2名しかありません。
また、11月1日までに申込、入金の場合は、早割が適用されるので、、、

定員、早割とも、お急ぎください。


ライブラの卒業生でなくても、AEAJアロマセラピストなら、アップグレード制度で、受講できっます。


来年7月試験に間に合う最終クラスです。お急ぎください。


ライブラ香りの学校 大阪校 06-6343-2215

または、school@libra-kobe.co.jp


まで、お問い合わせください。皆さん待ってマース。
[PR]
by libranatutherapy | 2010-10-26 19:23 | 林の講座案内
 
ワンコインレッスン=カレースパイス
カレー好きな方なら、一度はカレーのスパイスをブレンドしてみたいですね。

僕は元々洋食屋の息子として生まれたので、小学生くらいからお店で出すカレーのルー作りを手伝っていました。

でも、本格的なインドカレーについては、ハーブ(アロマ)の仕事を初めたあとのことですが、一度やってみると、案外簡単で、いろんなレシピができ、皆さんにもお勧めです。

カレーのルーといえば、あのチョコレートのようなものですよね。

でも、あのルーの正体は、実は小麦粉と脂(主にラード)なのです。小学校のころ手伝いといえば、
カレーのルーのための小麦粉をきつね色になるまで焼くことでした。この小麦粉にスパイス(カレー粉)を加え、最後にラードで固めるのです。

カレー粉は、S&B食品や、ハウスの缶入りカレー粉がありますが、プロはよくStates Sideというのを使います。

複数のカレー粉を混ぜるのが、お店の秘密というわけなのですが、今回のカレースパイス講座は、
このカレー粉(スパイスミックス)から作るというものでした。

あの、カレー独特の香りは、クミンとフェヌグリーク、カルダモンで出します。この3つをメインにして、オールスパイス、クローブ、ナツメグ、シナモン、メース、フェンネル、ディルなどを隠し香りに使います。いっぱい色々入れたほうが、深みが出るみたいですが、サブの香りは入れすぎないようにしましょう。

次に辛さは、レッドペッパー(チリペッパー)すなわち唐辛子です。唐辛子の分量で辛さがきまるのです。

最後は色です。黄色はターメリック、赤い色はパプリカ、カレーといえば黄色か茶色ですが、ターメリックとパプリカ、トマトなどの色がカレー色をつくります。

ターメリックをいれなければ、ビーフシチューのようなカレーになりますし、黒でも青でも色をつけることができます。黄色と辛さ、香りはほとんど関係ありません。

このように、カレーのスパイスはそれぞれが、専門家なのです。専門の役割を果たす複数のスパイスがチームを作ってカレーになります。

オリジナルレシピのカレーを作ってみませんか???

また、近いうちにカレーづくりのワークショップを企画することにしましょう。

↓ カレースパイスをミルで引く

f0045769_2232244.jpg



↓ カレースパイスの色々

f0045769_2233231.jpg


↓ 玉ねぎを炒めて、きつね色にする。そしてカレースパイス、トマト、ヨーグルトを加える

f0045769_22334177.jpg


↓ カレーらしくなったでしょ。小麦粉もラードもいれないから、一食250kcal程度の

ダイエット食です。

f0045769_2235158.jpg


↓ ご機嫌の受講生たち

f0045769_22354499.jpg

[PR]
by libranatutherapy | 2010-10-09 22:35 | 林の講座案内
 
ワンコインレッスン「ハーブ栽培」、盛りあがりました
f0045769_186495.jpg
昨日、15日(水)ハーブ栽培レッスンおわりました。
3名が参加されたのですが、はにかみ屋の生徒さんが一人いて、2名しかうつっていませんが。

ところで、ライブラがなぜハーブなの???

実は、ライブラは、ハーブ農園として始まった会社だって、ご存知でしたか?

私、林は、親戚に農家がおりまして、そこで、ハーブの苗を栽培して、布引ハーブ園などの工事用にハーブ苗を納品しておりました。

その種類なんと、315種類、32000本の苗を布引ハーブ園に納品したことがあるんですよ。

ラベンダー園のラベンダーも私と父母の家族で植えました。

実は、ライブラはハーブ農園としてスタートしたのです。

昔取った杵つかといいますか、久しぶりに栽培の講習会と相成りました。

ハーブの多くは地中海性気候原産の植物で、日本に比べ冬は温暖、夏は冷涼の気候、しかも雨期は冬です。この日本と異なる気候からきた植物という観点でお話しました。

植物栽培というと、一つひとつの植物品種ごとにマニュアル的に語られる場合が多いのですが、

実は、一年生か多年生、種子や葉っぱの広さなどを見れば、マニュアルがなくても、自分の感性と知恵で栽培できるし、そのほうが自然と対話している実感があって楽しいもの。

その楽しさを伝えるレッスンとなりました。
[PR]
by libranatutherapy | 2010-09-16 18:06 | 林の講座案内