ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
 
インストラクター試験 1 「タイムスリップ」
古い友人でアロマテラピーの学校の、宮川明子さんのブログをなんとなく読んでましたら、自分の名前が出てきてびっくり、今年、3月31日の彼女のブログに以下のようなものを発見!

・・・協会が始まった頃、インストラクターのカリキュラムを決めた時のことを思い出した。当時のスクール委員会でライブラの林伸光さんや中安さんたちと、五反田にあるユーポートに泊り込みで合宿して、カリキュラム内容を相談したのだった。インストラクターとは何かという原点についても話し合った。アロマテラピーを実践する上で必要な知識とは何か。もちろん精油についての知識、それらの基材、そして人間の身体、健康について学ぶ必要がある。文化的背景としての歴史も必要だなどと色々話あった。それでも最低限学ぶ必要なことは決めるけれど、学校独自のアロマテラピーに対しての思い入れや、スタイルは学校に任せたい。そういう思いで今ある資格マニュアルを作った。キーワードしかない資格マニュアルだからこそ学校の独自性が生かせる。最低限の学ぶ時間数は決めるか、時間数も各学校に任せられている。このことの大切さはアロマテラピーを教える学校が増えている今、ますます大切になってきていると思う。学校を選ぶのは学ぼうとする方の自己責任にまかされている。どんな学校と出会うかどんな先生と出会うかは、人生の人コマの中で結構大切なことだ。・・・・・(宮川さんのブログより)

協会(AEAJ)の役員を離れてもう、2年になりますが、ふと、資格制度の黎明期のことにタイムスリップをする瞬間でした。

協会の検定制度が定着し、インストラクターを目指す人が増えていますが、一方、アロマテラピーの資格制度が始まった頃の、「思い」とか、「元々の意味」みたいなものが、忘れられてきているようにおもいます。
当時から、危惧されていた「資格が目的化し、楽しみが苦しみになるのでは・・」という、テストを行うことの、マイナス面が、最近の生徒のみなさんと、接するなかで、感じています。

それに対する自分自身の取り組みとして、インストラクター試験勉強会を、私自身で、とりくんでみました。6時間という長い間を参加者から司会者を選らび、自主的な勉強会をやってもらい、
それに、私がアドバイザーとして参加するものです。私がしゃべってしまうと、単なる講座になってしまうので、敢えてしゃべらず、横からのサポートに徹するという、形の勉強会です。

今回の勉強会では、インスト試験の原点にある考え方や、思いなど、いま風化していっていることなどを、つい熱く語ってしまったのですが、生徒さんの反応は良かったように思います。

もちろん、試験に対する思いは一人一人違うと思うので、私が何か先輩ぶる必要もないということも自覚していますが、今一度。試験を受ける意味を問うことも必要かな?と思っています。

インストラクター試験も10年になろうとしていますが、いま再び、原点にあるものを語っていきたいとおもいました。

※勉強会は、東京、福岡は終了し、大阪のみ残っています。ご興味のある方は大阪校まで。(9月2日日曜日に開催です) 

宮川さんのブログ=> http://akiko-miyakawa.seesaa.net/archives/200703-1.html
[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-28 00:23 | 日記
 
ディープなシンガポール 最終回 
このディープなシンガポールシリーズ。あんまり人気がなかったのかな。。。。
というのも、ほとんど、コメントがなく、ひそかに傷ついておりましたが。。。
まあ、写真もあることだし、最終回は、ドリアンの山です。

f0045769_1115498.jpg


この前の、カエル粥屋さんの近くにある、ドリアン専門店。この界隈では、このような専門店が、いっぱいあります。
みんな、ここで買ってすぐ、よこのガーデンテーブルのところで、食べ始めます。
家では臭いということか?
みんなは、くさいというのですが、食べたことのない人のために、味を説明しますと、
「マンゴー風味のスイートポテト」といいうような味がします。案外、くさくないです。
ただし、このドリアンを食べた後、ビールを飲むとおなかが破裂しそうになるそうです。
ご注意を。
[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-20 01:15 | 日記
 
私、スパファインダーに紹介されました
スパファインダーという、スパ専門の雑誌があります。アメリカではとてもポピュラーなスパ紹介の本です。日本でも最近、創刊されましたが、この雑誌のインターネット版の「スパ・ピープル」に紹介されています。
私自身、普段あまり詳しく、自分のことを皆さんに語る紙面がないのですが、林について、別の角度から書かれていますので、私に興味のある方は一読くださると、幸いです。

アドレスは= http://www.spafinderjapan.jp/people/06_1.html

です。どうぞ。

f0045769_0441632.jpg

[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-08 01:08
 
ディープなシンガポール3 「フロッグ・ポリッジ」
これは、普通の人では味わえない。とてもディープなシンガポールです。
この看板からみてとれるように、「Frog」 つまり、蛙です。
シンガポールでは、蛙のお粥と、焼き鳥の手羽先みたいに焼いたものが売られてます。
ただし、もっぱら地元のシンガポーリアンの行くフードコートにしかありません。
一種の精力剤で、日本で言えば、すっぽん料理のような扱いです。

そのような場所では、一応英語のメニューはありますが、シンガポールなのに、英語が通じない中国系のウエイトレスが給仕しています。外国の労働者を積極的に受け入れる国なので、
定かではありませんが、英語が公用語のシンガポールにも、貧しく学校に通えず、父母の使う中国語オンリーの人もいるらしいです。ちなみにこの蛙屋さんは、MRT(電車)のKallang駅近くの商店街にありますが、女性だけで行くのはお勧めできないところです。 シンガポールの治安は良く、危険とはいいませんが、怪しいところですので、要注意。

f0045769_0473963.jpg

[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-07 00:56 | 日記
 
今日は広島原爆記念日です
今日は、日本人にとって大切な「原爆記念日」ですね。
この日が近づくといやでも、当時の記録映画や原爆を題材にした物語が盛んにTVやラジオを通して見たり、聞いたりします。

このような、映像や語りを見るのが、辛いという人も多いですね。見たくないと思う人も多いでしょう。

私はどちらかというと、見入って、聞き入ってしまう方です。どんなに苦しかったろう、悲しかったろうと、わざと自分自身に「気受け」して、悲しい気持ちに進んで共鳴します。

二度と繰り返さないために、必要な「気受け」であると自分に言いきかせています。
[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-06 08:15 | 日記
 
ディープなシンガポール2「ロンガン」
これは、チキンライスの後で食べたスイート。「ロンガン&マンゴーのカキ氷」

アジアでカキ氷を食べるなんて! でも、私の経験ではシンガポールは大丈夫です。
(ただし、私のお腹の免疫レベルでの話しですが)

マンゴーは皆さんもご存知でしょうが、ロンガンは、食感、味ともにライチに似た果物です。
しかし、果皮をむく前の姿は、ライチとはだいぶちがって、ぶどうのような房のような成り方で、皮がうすい茶色をしています。私がシンガポールに行き始めたとき、むいた物をたべて、ライチだと思っていました。

f0045769_191898.jpg


ロンガンの果実とマンゴーソースのカキ氷。なんか怪しい粒つぶは、トッピングのジャックフルーツ。
[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-06 01:10 | 日記
 
ディープなシンガポール1「チキンライス」
昨年も、シンガポールのことを載せましたが、またあれから1年ほどになり、この7月の末にシンガポールに行ってきました。もう、多分30回以上目となるとおもいます。そのシンガポール滞在時間も2~3ヶ月にはなるとおもいますし、もうかれこれ10年以上前からシンガポールで会社をやってきましたから、ディープなシンガポールについて、紹介したいと思います。
第一弾は、グルメ、そしてやはり、あのチキンライスです。
f0045769_225865.jpg


シンガポールの食べ物といえば、コレ。
蒸し鶏、またはローストの鳥肉と、鶏ガラスープで煮込んだピラフと鶏ガラのスープのセットです。パクチー(コリアンダーの葉)が添えられ、にんにくたっぷりのチリソースをつけて食べます。これで、たったの200円です。シンガポーリアンのお昼の定番です。
[PR]
by libranatutherapy | 2007-08-04 02:27 | 日記