ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
 
愛と恐れのこと 5  恐れに気づいて、愛をつたえよう!
エリザベス・キューブラー・ロスの「ライフレッスン」の中に、「愛のレッスン」という章があります。私たちは、生まれた瞬間、無条件の愛(真実の愛)のなかに生まれます。だれもが、その誕生をよろこび、生まれたことそのものを喜んでくれます。ところが、半年もたたないうちに、

「おとなしく遊んでいて偉いわね」
「○○ちゃんは、全部食べておりこうね」などという、言葉をかけられるようになります。

え、何がいけないの。。。???褒めているんでしょ。と思われるかたも多いはず。。。

ここでの問題点は、おとなしく遊んでほめられた子は、その次に「おとなしく、在らねばならない」そうしないと、お母さんに嫌われる。という観念が植え付けられてしまうことです。

私は、ある授業で、ある生徒さんから、このような話を聞きました。

彼女は、子供のころ、母の用事に連れて行かれるたびに、「この子は、紙と鉛筆さえ渡していれば、静かにあそんでいるのよ」と、同席の人々に母が言うのを聞きき、そうしなければ、褒めてもらえない。。。という強い意識をもつようになったそうです。彼女は、本当はいろいろなことに、好奇心があり、他の子供と同じように欲しい物をほしがったり、大暴れして無邪気に遊びたいという気持ちもあったらしいのですが、実際はいつも「紙と鉛筆」で我慢していたそうです。

母親(父親や親類、周りの人)の何気ない言葉に、子供は「おりこうさんの自分」を演じます。
その条件を満たさなければ、見捨てられるという恐れをいだくのです。

キューブラー・ロスはこれを「条件付きの愛」とよんでいます。

私たちは、生まれてまもなくこの「条件付の愛」にならされていきます。実際には、これは愛(安心)ではなく、恐れです。

そして、人生の中で多くの人は、死の時が近づいたことを自覚するまで、この条件付きの愛に振り回され、自分にかかわる人への愛にも、知らず知らずのうちに、「条件」をつけてしまうのです。

心配は、愛でしょうか。。。「心配しているよ。。。」と声をかけるのは、その人を思っているということですね。でも、その言葉には「心配しているのだから、ちゃんと報告しなさい。。。」という暗黙のプレッシャーを含んでいませんか。相手に「ちゃんと、心配について報告しなければ、いやな思いをさせる。。。」という恐れを起こさせてしまうということにお気づきでしょうか。

このように、愛を使っているはずが、「相手に何かを求めている」 ことになっているのです。
条件がついているということになります。

以下のような、ものをかんがえてみると、いろいろな気づきがありますj。

嫉妬は愛でしょうか。=>相手を所有物のように考えていませんか。

「頑張ってね。。」と気軽に行っていませんか。→ 頑張ることへの無言のプレッシャーをあたえていませんか。私は、「きっとうまくいくよ・・僕も応援してる」といいます。

「ありがとう」の代わりに「すみません」をつかっていませんか。すみませんは、せっかくの好意を拒むことになりませんか。。。。

私たちが気づかないうちに、使われている「恐れ」の言葉だと私は思うのですが、いかがでしょう。(みなさまなりの考えがあって当然です。これはあくまで私の主観です。=これも恐れかな)

普段、気づかない、恐れに気づくと、幸せにちかづいていくような気がします。

「恐れに気づいて、愛をつたえよう!!!」

これで、愛と恐れの5回シリーズを終わります。ありがとうございました。
[PR]
by libranatutherapy | 2008-03-30 17:36 | 日記
 
愛と恐れのこと 4 「生と死」
キューブラー・ロスやウォルッシュは、「人の感情は愛と恐れの2つしかない」と言いました。

それを私が初めて聞いたとき、私のそれをしっくりと、受け入れることができませんでした。
そんな単純に人間の複雑な感情が表現できるのだろうか、という懐疑的な感想をもったのです。

その後、私はそれについて考え続けました。そして、しばらくたってひらめきました。

そうだ、愛は生きることの喜び、おそれとは死を恐れることである。

人が生命であるかぎり、生と死の2面性がつきまとう。

そうだ、愛と恐れは、生と死であるわけだ。

愛は「生きることに繋がる行為」、安心して生きること。気持ちいいこと、うれしいこと、安らぐこと、楽しいこと、わくわくすること。安心、希望、受容、自由、赦し、、、

恐れは「死への恐怖」、死ぬかもしれないとおびえること、気持ち悪いこと、辛いこと、傷つくこと、我慢すること、ぞっとすること。不安、絶望、拒絶、束縛、罪、、、

私たちは、この2面性の狭間を、振り子のようにゆらゆらとさまよいながら生きています。

私たちは、それら2つのどちらでも、使うことが出来、選ぶことができます。

人生は、愛と恐れの選択の連続。。。その無数無限の回数にわたる選択に直面します。

私たちは、自分自身で、人生の物語をこの選択の繰り返しにより創造している存在です。

さて、私の選択は、満足いくものだったか?? そしてあなたの選択は??
いまから、はじめましょう。愛を選ぶ日々。
[PR]
by libranatutherapy | 2008-03-19 22:14 | 日記
 
愛と恐れのこと 3 「男女の愛」続編
私は、関西学院というキリスト教のミッションスクールに高校から通ったので、つい、キリスト教でいうところの、「愛」をアガペーとエロスの2つがあると記述してしまいました。それで、少し誤解を招いてしまったようです。

実は、私はキリスト教における愛の分類は、いらないのではないかと思っています。
すなわち、アガペーとエロスに大差なしという考えだったので、引き合いに出す必要もなかったのかな。。。と反省しています。私は愛を男女愛とそれ以外を区別しないでもいいとおもいます。

ここで、強調したかったのは、

愛という名において、繰り広げられる様々な恐れ、、、、、
例えば、「嫉妬」これも、男女に限らず、友人グループや、兄弟間にもありますね。

例えば「束縛やコントロール」・・・相手を自分の意のままに動かそうとしたり、自由を奪うことです。これらも、男女にも、親子にもみられますよね。

「あなたのためを思って言ってあげてるのよ!!」とか、
「お前を愛しているから、●●であってほしいんだ!!」
「前の君のように笑顔でいてほしい!!」

これらは、すべて相手に対する、恐れに基づく要求の例です。

「愛」であるがのように、見せかける「恐れ」は、私たちの身の回りにいっぱいあります。

愛と恐れの2つの感情を意識的に識別できるようになれば、人間関係の理解にすごく役立つものになりそうです。


判りやすくするために、少し修正しました(3月20日)
[PR]
by libranatutherapy | 2008-03-19 00:40 | 日記
 
愛と恐れのこと 2 「男女の愛」
リクエストもありましたので、男女の愛について。。。これはあくまで私見です。意見の違う方を説得しようとしているブログではありませんので、見解の異なる方もいらっしゃることと思います。そのあたりはお赦しください。

キリスト教の宣教師が日本にやってきたころ、日本には「愛」という概念がなく、最古の聖書には「愛」の訳語として、「ご大切」という単語を用いています。大切にすること、大切におもうことを愛と考えたのでしょう。このシンプルな訳語を私はすごく好きです。

キリスト教では、愛を2つにm分けて考えています。
男女の愛=エロス016.gif と 神の愛、隣人愛003.gif=アガペーです。

しかし、私は敢えて分ける必要はないように思います。

たしかに、男女の愛は友情や親子の愛とは異なるもの....と考えられていますね。
男女の愛を「性愛」「恋愛」053.gifともいいます。今の日本でも、おおっぴらに性愛について語ることはあまりなく、どちらかというと「秘め事」として扱われています。どちらかというと、「恥ずかしいこと」008.gif扱いです。恋愛が表なら、性愛はその裏のような位置づけです。そんな理由で分けて考えるひともいるのかもしれません。

でも、相手を大切に思うことについては、エロスもアガペーもさほど変わりないですね。
ちがうとすれば、燃え上がるような恋心010.gifと、身を焼き尽くすような嫉妬心022.gifです。友人や兄弟にも嫉妬というのはありますが、男女間の嫉妬は強烈ですね。

さて、ここで、問題提起です。

「嫉妬は愛でしょうか?????」

若気のいたり。。。幼さがのこる恋には、

「ヤキモチを妬いてもらえて嬉しい」「愛しているから嫉妬するんだ」などいう論理がまかり通ります。でも、これを、前回お話した、愛と恐れで見てみると、、、、

嫉妬とは、相手を失うことへの恐怖感=恐れ 
ですね。

また、自分だけの物であって欲しい。。。1対1の関係でありたい。

というのは、相手を所有物のように独占したい、管理したい、というのは愛といえるでしょうか。

愛は「安心」とするならば、私なら人に所有されたいとは思いませんが。。。。あなたは所有されたら安心ですか042.gif

愛は深いですね~054.gif


006.gif誤解される方が多かったので、少しだけ修正しました。(3月20日)
[PR]
by libranatutherapy | 2008-03-16 01:18 | 日記
 
愛と恐れのこと 1  「愛ある会社」
ライブラのHPの会社概要には、企業理念「愛ある会社」と書いてあります。053.gif
「愛」なんて、歯の浮くような言葉を、社是とするような会社は、少し気持ち悪いと、、、、自分でも思います。(ポリポリ=頭を掻く音)006.gif

でも、敢えて、書いてあります。いろいろな誤解を恐れずに「愛ある会社」と書いてあります。
これから、何度かに分かれるかもしれないけれど、この「愛」についてお話したいと思います。

エリザベス・キューブラー・ロスや、ニール・ドナルド・ウォルッシュなどの先人は、人間の感情には「愛」か、「恐れ(不安)」の2つしかない。と言い切りました。大胆な言い草です。056.gif

私は最初、この大胆な仮説に戸惑いました。「愛と恐れ」ってなんだ。

前述のウォルッシュは、その著書『神との対話』の中で、物事には二極、二面性がある、つまり2つの対立する物事があるとき、一方のことを知るために、もう片一方があるといいます。

ここで、愛について考えると、「愛」という概念は極めてあいまいで、つかみ所がない。

この疑問を紐解く鍵になりそうなのが、愛の対極におかれている「恐れ」です。

恐れは、何かを恐れること。。恐れについて深く考えてみてください。恐れとは、
「何か悪いことが起こる事への不安」です。この不安というものの対極は、「安心」です。

即ち、愛=安心 ということになります。017.gif

ですから、「愛ある会社」という、「胡散臭い」企業理念は、「安心できる会社」という意味なのです。

「安心できる商品」「安心できるサービス」「安心できるお店」を皆様に提供しようという意味です。

そのためには、自らが安心している必要がありますね。

「人を癒すにはまず自分から・・・」これは、ライブラ香りの学校のセラピストコースの1回めの授業で出てくる言葉なのですが、「安心できる会社は、働く人にも安心できる会社」でありたい。

そう思って、私としては、スタッフたちをわが娘のように大切にしているつもりです。「親の心、子知らず」ではないですよね。。。(笑)

会社全部を愛=安心で満たそう。。。愛を広めよう。 ということなのです。


=>ちょっと優等生過ぎた日記です。次回は、ちょっと、エロオヤジ004.gifっぽく、男女の愛について
取り上げてみましょうか。
-----------------

ps。さなえさん、hさん、コメントありがとうございます。
[PR]
by libranatutherapy | 2008-03-11 00:09 | 日記
 
アロマ&スパシンポジウム2008神戸まもなくです。。、
アロマ&スパシンポジウム2008神戸の早割り期限が3月15日まで延長!!しています。
とはいっても、あと5日、急いでもうしこまなきゃ!!!003.gif

異国情緒ただよう、神戸の街へ、、神戸でお待ちしております。
[PR]
by libranatutherapy | 2008-03-10 11:08