ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
タグ:ティスランド ( 2 ) タグの人気記事
 
アロマの履歴書(12)表示基準適合精油制度
2012年10月5日(金)、昨日のことであるが、悲しい知らせが届いた。日本のハーブ、アロマテラピーの発展に大きな足跡を残した、サンファーム商事の尾上豊さんの訃報である。

尾上さんは千葉県大多喜村のサンファームとともに、サンファームブランドの商品を扱う商社、サンファーム商事を東京で立ち上げられた人物である。

サンファームは、今を思えば不思議な会社であった。農園本体は千葉県、フランチャイズの三春サンファーム、そしてサンファーム商事、それから兵庫県香寺町の関西支部があった。関西支部はその後、香寺ハーブガーデンとして活動し、サンファーム商事もそれらとは独立した会社であったのだが、同じサンファームブランドを扱っていた。

それはさておき、尾上氏はロバートティスランドブランドの精油の輸入元として英国に太いパイプをもっていた。私は尾上さんとロンドンで合流し、チェルシー・フィジック・ガーデンにご一緒させていただいたことがある。

尾上さんは、イギリスのハーブ植物療法の通信講座を手掛けられており、ロンドンでは、いろいろな方をご紹介いただいた。その一人に、著名なアロマセラピストであるイブ・テーラーがいた。
いまも、イブ・テーラーさんとは親交が続いているが、そのきっかけを与えてくださったのが尾上さんであった。

彼はアロマテラピー協会の創設者のひとりであり、スクール中心の協会運営に突き進む私の手綱をしっかりにぎって、バランス感覚のある意見を言う方で、いつも、尾上さんの鋭い指摘にタジタジのこともおおかった。

とても温厚な性格で、人柄のよい性格で、皮肉を柔らかく笑顔で伝えることでは、名人であったように思う。


自らは、精油委員会の委員長として、精油の生産地、学名などの属性データや、PL法に基づく注意警告表示の徹底を、「表示基準適合精油」として認定することを発案され、推進された。

精油の業界に、製造物責任の制度をいち早く導入されたパイオニア的な業績は今もアロマテラピーの発展に大きく寄与していると思う。

アロマテラピー用の精油と、一般の香料精油との違いはなにか、アロマテラピー用として使うには、学名、産地、抽出法の表示が不可欠。これがなければ、アロマセラピストは安心して使用することができない。いまではあたり前のことなのだが、この制度の意味はとても大きなものである。

スクール制度やアロマテラピー検定制度は、世間に大きく知られる花形事業であるが、実はこの精油委員会の仕事なくしては、日本のアロマの発展はなかったのではないか。。。という影の功労事業である。


今回は、訃報を受けて緊急のブログとなった。心からご冥福をお祈りしたい。
[PR]
by libranatutherapy | 2012-10-06 18:55 | アロマの履歴書
 
「アロマの履歴書」(1) 出会い
1988年、私は「ポプリ工房」という名の小さなハーブショップを実家のビルの2階(兵庫県西宮市。現、ライブラ本社の地)に開いた。ドライハーブや精油、書籍、種苗が主な商品であった。

f0045769_23325527.jpg

しかし、精油の使い道は、あまりよくわからなかった。ポプリの香りづけにしては高価なもので、しかも今のアロマテラピー用と違ってドロッパーではなく、香料用のアサガオ瓶にはいっていた。

この精油を勉強するために、私は商品として仕入れたアロマテラピーの本を読んでみた。

本は三冊しかなく、ロバートティスランドの『アロマテラピー』、ジャンバルネの『植物』、シャーリープライズの『実践アロマテラピー』だった。私はティスランドから読み始めた。
f0045769_9261950.jpg


ティスランドの本を読んだ私は、アロマテラピーが似非(えせ)科学のように思えた。

精油の成分のテルペンやエステルといった化学用語とともに、カルペッパー流の支配星、東洋の陰陽の性質などが記されていた。

この科学と神秘主義が同居する理解不能な学問に、ちょうど、新幹線の運転手が僧侶の袈裟を着て運転しているような違和感を覚えたのである。

これが私とアロマテラピーの最初の出会いだった。
[PR]
by libranatutherapy | 2012-07-16 09:21 | アロマの履歴書