ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
タグ:資格 ( 2 ) タグの人気記事
 
アロマの履歴書(14) アロマ資格制度誕生秘話①アドバイザーとインストラクター
精油1%の希釈基準、これは、日本のアロマ界では、よい意味でも悪い意味でも大反響だった。ある意味、アロマテラピーアドバイザー制度というのは、1%基準を浸透するためにあったといっても過言ではない。
そもそも、アドバイザー制度とは、阪神淡路大震災後の癒しブームによって、急速に広がった精油販売が拡大したことに始まる。一般の知識を持たない人々に対し、

①精油の安全な知識を事故を未然に防止し、アロマの社会的な評判を守ること
②アロマテラピーは、医療とも混同されやすいので、医療行為まがいのことをすることのないように告知する。

これが、アロマテラピーアドバイザー制度の目的であった。その中で、前述した1%の意義が大きな役割を果たしたのである。

アドバイザーの次に矢継ぎ早に発表されたのが、インストラクダー制度であった。

意外かもしれないが、このようなアロマテラピーのインストラクターという資格は、日本独自の資格制度であり、本場イギリスにはそのような資格制度はなく、アドバイザー制度もなかった。

英国では、ショップで精油を買うことは一般的ではなく、ほとんどが自分をケアするアロマセラピストから購入するという習慣が定着していた。そのため、使用上の注意や、使い方の指導は、アロマセラピストの仕事だったのである。


一方日本では、ハーブやポプリ教室といった文化教室的な分野からアロマテラピーが広がった。ハーブショップの店頭で行われるカルチャー教室として広がっていく中で、その場所を提供していたハーブショップがその販売を担っていたわけだ。ハーブショップは、雑貨店の一種なので、特別な資格のある人が販売するわけではない。もちろん、オーナーはよく勉強していることが多いが、販売員はアルバイトで知識がない。

そこで、アドバイザー制度が始まったのである。

カルチャー教室が、スタート地点であったわけであるから、当然、カルチャー(分化)として、アロマテラピーを教える先生が必要である。

それが、世界に類を見ない、アロマテラピーインストラクターという資格として具現化する。

アドバイザーせよ、インストラクターにせよ、日本独特のアロマ分化の醸成から、市場が拡大し、いまの巨大なアロマ市場にまで成長したことを思うと、あのころ、すごいことをしていたのものであると、感慨深い。当時、まだ、私は若干35歳の常任理事、スクール委員長であった。
[PR]
by libranatutherapy | 2013-07-04 10:53 | アロマの履歴書
 
7月19日 林伸光 監修の本がでます。
「読む・書く・受かる!アロマテラピーインストラクター試験完全マスター 試験範囲を徹底網羅した参考書」BABジャパン、義野七瀬著、林伸光監修 7月19日発売

f0045769_12225521.jpg

石鹸本に続く、私の名前の出版本がでます。
といいましても、間違い探しを中心とした校正のようなことをやったのですが。
一言にいいますと、コツコツ勉強するひとには、とても参考になる本とおもいます。

最初、重要語句(マークされた語句)が、重要語句とは的外れとおもっていて、なおそうとしたのですが。
校正が進むうちに、著者がどうして、この語句をマークしているかだんだんわかってきて、
最終的には、著者の元のマークに戻すということがありました。

通常、重要語句は、覚えなければならない語句にマークをするのですが、
著者の義野さんは、重要語句を説明するための語句にマーク(赤文字)をし、

ちょうど、高校生のときにやったように、緑の下敷きで、透かして見ると、
その重要語句に続いて、説明用語句が見えなくなり、暗記に役立てるという方法をとっていたのです。

私は、まだ義野さんには、お会いする機会を得ていませんが、すごく真面目でコツコツと
勉強してきた方なのだろうと想像できます。

とくに、独学を目指すかたにとって、この本はコンプリートブックとならぶ、参考書となることでしょう。
少しだけ欠点をいえば、知識が断片的な語句説明に陥り、つながりがわかないところでしょう。

それは、コンプリートブックが解決してくれるとおもいます。

認定校の講師の先生にもおすすめです。教え方に、さまざまなヒントを提供してくれるかもしれません。
久しぶりに楽しみな、一冊です。
[PR]
by libranatutherapy | 2012-07-16 12:22 | 執筆活動・書評