人気ブログランキング |
ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
日本人の信仰(1)恵みの神と祟り神
アロマの履歴書ばかりで、すこし食傷気味のかたもいらっしゃるかもと、ちょっとちがうテーマを挟んでみました。

【日本人の信仰】

日本独自の信仰といえば、神道(しんとう)です。明治維新以降の政治的なイデオロギーに利用されたため、軍国主義日本の象徴のようなイメージを持つ人も少なくありません。しかしながら、もともとの神道は、古代の人々の生活の中なら生まれた信仰心、すなわち自然を畏れ、親しみ、敬ってきた人々の自然な心から生まれてきたものです。

科学技術や医学が発達する前、自然は豊穣の恵みを与えてくれるありがたい存在であり、命を与えてくれる偉大な力でした。一方、時として天変地異の災害や雷や大雨で、人々に脅威をもたらす存在でもありました。

古代の人々は、恵みをもたらす方を和魂(にぎたま)、祟り(たたり)をもたらす方を荒魂(あらたま)と呼びました。荒魂は時には河川の流れや山の形を変える力、すなわち新しい秩序を生み出す力を内に秘めています。時として破壊の力は新しい秩序のはじまりでもあるわけですので、肯定的な一面もあります。一方、和魂は優しく見守る力、成長と発展の力を持つ存在です。

荒ぶる祟りの魂を丁重に扱うことで自然の脅威を鎮魂し、恵みの魂に感謝するという、日本人の「和」の心の原点がそこにみられます。

伊勢神宮などには、天照坐皇大御神をまつる正宮のすこし外れた小高い丘の上に、天照坐皇大御神荒御魂をまつる荒祭宮(あらまつりみや)があります。

このような自然への深い洞察と調和的な解釈をもって発展してきた日本の文化は自然を壊さず、自然を支配しないことをしきたりとしてきました。

今日、地球の環境に対する関心がたかまり、自然をそのままに守る考えや、また自らの暮らしを持続可能な方法で営み、自然の方法で健康を管理する。そのことが当たり前のようになってきたことは、喜ばしいことだと思います。

そのアイデアは、そもそも日本の文化のなかに、はじめからあったもので、西洋的なものばかりを日本の人々が取り入れるだけでは、いけないのではないか?
むしろ、日本の人々がいまこそ、そのすばらしい自然本位の文化を再確認し、世界にむかって声をあげるべきではないか?

そんな思いがあって、私は香房花舎をはじめました。日本の自然療法を語るにはまず、日本人がもっていた、自然観、その哲学を基礎となった宗教観をふりかえってみるのもまた、意義があることとおもいます。日本の伝統的な自然療法とかかわりのある日本人の信仰について考えてみたいと思います。
by libranatutherapy | 2012-09-09 23:24 | ヒポクラテスな暮らし
 
 
<< アロマの履歴書(11) アロマ...    アロマの履歴書(10)日本アロ... >>