ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
アロマの履歴書(17) アロマ資格制度誕生秘話③ アロマセラピスト資格
1999年私にとっては、アロマテラピー検定の成功のカギを握る年となったが、一方、大切な仕事も並行してのこっていた。アロマセラピスト資格の立ち上げだった。

少し記憶が薄れてきているが、98年の暮れだったとおもう。
私は、アロマセラピストの資格制度を調べるために、ロンドンの国際アロマセラピスト連盟(IFA)の事務局を訪問した。当時のIFAは、経営破たんに陥ったRQAとISPAを合併により救済するということの是非をめぐって揺れていた。
そのとき、出会ったのが、いまでは厚意にしてもらっている、事務局のポーリン・アレン(現IFA、CEO)だった。

これは当時のAAJ(現AEAJ)の常任理事としてではなく、非公式かつ自前の訪問だったが、訪問の目的は、アロマセラピストの規定書を手に入れることだった。このときIFAでは、シラバス(カリキュラム)を手に入れ、さらにNOSと呼ばれる規定書があると教えられた。

当時の英国のアロマセラピストは、日本いう労働省のような役所において、National Occupation Standard( NOS 英国職業標準書)という文書によって規定されていた。
私は、ロンドン市内の政府のオフィスでそれを50ポンドほどで購入できた。NOSには、解剖学などの知識を学ばなければならないこと、安全衛生上の項目、そして法規の遵守などがかかれていたが、おおむねIFAシラバスと同様だった。

またこれらの書類は、私たちスクール委員会が草案をねっていた内容とほぼ一致するもので、いずれの国も同様の思考プロセスを踏むものだと、ある種の驚きがあったと同時に、自分たちが考え練ってきたカリキュラムに自信を深めたのである。

1999年4月だったとおもう、検定制度のゴーサインとともに、スクール委員会は資格制度委員会とスクール委員会に分離され、2つの委員会に分業になった。そして、私は検定の立ち上げに責任を持つ担当常任理事となり、委員長を後任に譲ったが、引き続き資格制度委員会に所属し、アロマセラピスト資格の発足に立ち会うことになる。

いまから、思えば、あのIFA訪問が、スクール委員会が練ってきた内容の妥当性にお墨付きを与えたというわけであった。
f0045769_152176.jpg

[PR]
by libranatutherapy | 2013-12-15 13:11 | アロマの履歴書
 
 
<< アロマの履歴書(18) アロマ...    アロマの履歴書(16) アロマ... >>