人気ブログランキング |
ライブラナチュテラピー株式会社 社長ブログ
ライブラナチュテラピー株式会社
アロマテラピーブランド「ライブラナチュテラピー」商品の製造販売やサロン運営、「ライブラ香りの学校」の運営など、全国を拠点として「セラピー」「癒し」をお届けしています。
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
林の講座案内
アロマの履歴書
日記
ヒポクラテスな暮らし
執筆活動・書評
会社的お知らせ
アロマのお勉強
未分類
以前の記事
2016年 02月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
ライブラ香りの学校・スタ...
ライブラナチュテラピーの...
タグ
(16)
(13)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
 
2012年 08月 28日 ( 1 )
 
アロマの履歴書(9)アロマテラピーフォーラム95
95年は阪神淡路大震災の年であったが、その秋、日本のアロマ界において歴史的なイベントが開催された。「アロマテラピーフォーラム95」である。

フレグランスジャーナル社社長の津野田さんの音頭で、同社主催のイベントとして開催されたのであるが、
その際のパネルディスカッションに私は招かれた。これも、震災の時のやり取りの中、津野田社長が私のことを気にかけてくださっていたからかもしれない。

f0045769_12564171.jpg

誰がパネラーとして発表したか、記憶は薄れているが、写真は左から慶応病院の三好ゆかり先生、私(林)、薬剤師の増田(熊谷)千津先生、マザーズオフィスの宮川明子先生であることがわかる。(写真右下の日付はまちがい)

この時のディスカッションでは、アロマが注目される状況において、日本のアロマテラピーはどうあるべきか?
というような漠然とした話題であったとおもうのだが、津野田社長の思惑では、「協会設立の必要性」という落としどころがあったように思う。私も、「精油は使い方を誤ると危険、まずは安全を確保するための業界の自主手な注意喚起が重要で、そのためには一業者がするのではなく、団体のようなものが必要」と発言した。

ある意味、その後の日本アロマテラピー協会(現AEAJ)の設立に向けての方向性が打ち出されたイベントであったことは間違いないだろう。

このイベントの後、年の瀬も押し迫った12月の中旬、私は東京丸の内のある会議室に呼び出された。そこには津野田社長をはじめ、栗崎小太郎先生、尾上豊氏、宇田川遼一氏、林真一郎先生、そして私の6名がいた。「日本アロマテラピー協会」の設立準備会であった。

ここに後に公益社団法人にまで成長する、日本アロマテラピー協会の最初の瞬間があった。また、この会議の招集において、フレグランスジャーナル社の津野田社長はいつも中心的な役割をはたしていたが、後に各方面からのいろいろな意見におされたこともあってか、「マスコミに籍を置く者は中立であるべき」として、潔く、この表舞台から退かれたのである。

この協会の設立と前後して、日本アロマテラピー学会、アロマコーディネーター協会、少しおくれてNardなどが設立され、マスコミ人としての立場が難しくなったというのが、その理由らしかった。しかし、津野田社長の業績は、彼をAEAJの生みの親として讃えるのに十分なものであるとおもう。
by libranatutherapy | 2012-08-28 12:56 | アロマの履歴書